[番組紹介]ネコは外で何をしているのか? 密着! ネコの一週間

2020年12月30日

こんにちは!

ネコ派のひらのけんとです。

「密着! ネコの一週間を見たことがない!」

「ネコが好き!」

「ネコ派!」

「イヌ派!」

というあなたへ、ドキュメンタリー作品「密着! ネコの一週間」をネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

簡単なあらすじ紹介

ネコは普段外で何をしているのだろう?

博士と教授たちは、そんな疑問を解決するために一週間、ネコに小型カメラ、位置情報が分かる機械を取り付けてどんな行動をするのか調査をするのだった。

ネコたちの行動を調べると、興味深いことが分かったのだった。

果たしてネコたちはどんな生活を送っているのか!

ドキュメンタリー番組。

登場人物をご紹介

・サラエリス博士

生命科学者の女性。

・ジョンブラッドジョー博士

生物学者の男性。

・アランウィルソン教授

生物学者の男性。

・ネコたち

家で飼われている50匹のネコたち。

性別、年齢がバラバラでいろんな種類のネコが出演。

ネタバレなし感想

イギリスには1000万匹のネコがいる

というのはびっくりしました。

密着! ネコの一週間」は、ネコが外で何をしているのか一週間かけて調査する番組で、大がかりで調べます。

猫が好きなボクは思いました

ネコは外で何をしているんだろう?」と。

ですが、調査する方法が分からなかったので諦めていました。

そんな中「密着! ネコの一週間」では、そんな疑問をを解決してくれました。

最近の作品かと思ったら2013年の番組でびっくりしました。

そんな前から調査をしているとは思いませんでした。

46分で見れるので、サクッと視聴できます。

ボクは見足りませんでした。

ネコがたくさん出てきてとても可愛かったです。

いろんな種類、色、性別などがバラバラのネコたちがたくさん出ていて

こういうネコもいるのかぁ

と勉強になりました。

マンチカンぐらいしか知らないので、まだまだ勉強が必要です。

ネコに詳しい方が視聴すれば

このネコは〇〇!

と種類を確認する楽しみもあります。

ボクはネコと聞くとドラゴンボールの破壊神ビルスを思い出します。

紫のキャラクターです。

彼は破壊の神様でなんでも破壊するというネコです。

「密着! ネコの一週間」を見てみると、ネコがとても頭がいい動物だと確認できました。

バカな動物だとは思っていませんでしたが、そこまで考えているとは思いませんでした。

ニャー!」と

とても可愛く泣くのでボクにとってASMR(心地いい音)でした。

モフモフでとても触りたくなりました。

ネコにナワバリがあることには驚きました。

家だけじゃなくて、外にもあるのかぁ

と思いました。

すごいと思ったのは、研究者やスタッフさんです。

「ネコが外で何をしているのか?」という疑問は気になりますが、かなりめんどくそうです。

ですが、研究者たちはニッコリしながら作業しているのを見て

とても好きな仕事なんだなぁ

とやりたいことをやっている研究者たちは素晴らしいと思いました。

調査する機械もすごいと思いました。

ネコがどこで何をしているのかがわかる、GPSで追跡する機械ネコの視点で撮影できるカメラなどです。

特にネコの視点の映像は、ネコ目線で何を見ているのかなどが分かりました。

ただ、大スクリーンで二時間ネコ目線の映像だったらボクは、酔ってしまいます。

見終わった後は、家の周りを野良ネコがウロウロしているのでどんな生活を送っているのかが気になりました。

ペットを飼おうか悩んでいる時に「密着! ネコの一週間」を視聴したら、ネコが飼いたくなるかもしれません。

そのくらいネコの魅力が出ている作品です。

ボクは犬も好きなので、「密着! イヌの一週間」というタイトルで続編を希望します。

ネコとはかなり違う調査結果が出て面白いと思います。

イヌも外で何をしているのか気になりました。

追伸

ドキュメンタリー作品「密着! ネコの一週間」をネタバレなしでご紹介しました。

日本人の方にはぜひ見てほしい作品で、特にネコ好きな方には強くオススメしたいです。

ネコがもっと好きになります。

ご覧いただきましてありがとうございました!