[音楽紹介]世界の歌姫! テイラースウィフトの中毒になる曲13選

2020年9月11日

(※このページは2021年7月29日に
更新されました)

こんにちは!

2014年からテイラースウィフトに会いたい
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「テイラースフィフトを聞いたことが
ない!」

「有名な曲、人気の曲が知りたい!」

「おすすめの曲が知りたい!」

というあなたへ、

世界の歌姫「テイラースウィフト」の中毒に
なる曲13選をご紹介します。

それではいきましょう!

・無料で「テイラースウィフト」の曲をフルで聞く方法 (2021年7月29日時点)

アップルミュージックでは3ヶ月の無料体験を利用してテイラースウィフトの曲をフルで
聞く事ができます。

無料体験を終了する可能性がありますので、
0円で聞ける今のうちに
「テイラースウィフト」の曲を
楽しみましょう。

アップルミュージックの無料体験はこちら

中毒になる曲13選

・Shake It Off

とても明るくてノリノリな曲です。

2014年のボクは
洋楽なんて英語ばっかでわからないし絶対聞かない!」という謎の気持ちを
持っていました。

ある時、Shake It Offが流れて
なんだこの素晴らしい音楽は!」と言葉では言い表せないほど感激しました

そんなボクに「洋楽への扉」をこじ開けてくれた、テイラー・スウィフトに感謝です。

・I Knew You Were Trouble

最初は暗い感じで始まりますが、サビで
いい感じのリズムになります。

トラブルがタイトルにあるように、
何かのトラブルの歌なので暗い要素が入っているのではないかと考察します。

明るい曲もたくさんありますが、ゆったりしたり暗い感じの曲もあります。

ドライブに最適な曲です。

・We Are Never Ever Getting Back Together

We Are Never Ever Getting Back Together」は日本ではとても有名な曲です。

とても落ち着く感じがします。

特に「ウィーエバーエバー」のところが好きです。

最後らへんで、テイラー・スウィフトがセリフを言います。

Youtubeのミュージックビデオではとても
楽しそうなパーティをしています。

・ME!

テイラー・スウィフトの中で一番
オススメしたい曲です。

日本語字幕付きで聞いてみると

私(自分)はひとりしかいないのよ、それって
素晴らしいことでしょ🎵

とあります。

本当に素晴らしい歌詞です。

ローランドさんを思い出します。

・22

明るい感じで、盛り上がりたいときに
聞きたい曲です。

22」を聞くと懐かしさを感じます。

ドライブなどにも最適です。

・You Need To Calm Down

明るくてノリが良い曲です。

ミュージックビデオではケイティ・ペリーと共演しているのですごいです。

おっおっおっおっおー♪

の所が印象に残ります。

・Paper Rings

引きこもりのボクでも外出したくなるような明るい曲です。

聞いているだけで幸せになれて、何回でも
聞きたくなります。

・Blank Space

すごくオシャレな曲です。

キラキラする感じがします。

・Bad Blood

ミュージックビデオにはセレーナ・ゴメスカーラ・デルヴィーニュといった豪華な人物
たち登場しており

豪華だなぁ」と思います。

「Bad Blood」を連発するサビは
たまりません。

力強い曲です。

・Look What You Made Me do

いい意味で衝撃的な曲です。

テイラースウィフトはどうしているの
だろう?

と思っている時に
Look What You Made Me do」が
出てきました。

暗い感じの曲なのですが、メチャクチャ
カッコイイです。

・New Romantics

テラスハウスのオープニングテーマに
なっていた曲です。

トッパピィ↑

と言うところが素晴らしいです。

全体的に明るい曲です。

・Welcome To New York

聞くとニューヨークに行きたくなります。

テイラースウィフトに歓迎されている気分に
なります。

ニューヨークに向かう途中で聞きたくなります。

・Only The Young

ネットフリックスで配信されている
テイラースウィフトのドキュメンタリー映画「ミス・アメリカーナ」の主題歌に
なっております。

キラキラする感じで明るい曲です。

子どもたちの声っぽいのが聞こえてくるのも
いいです。

まとめ

世界の歌姫「テイラー・スウィフト」の中毒になる曲13選をご紹介しました。

洋楽を聞くきっかけになったアーティストなので、感謝しています。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!