[映画紹介]孤児院から脱出せよ! 約束のネバーランド キャスト

2020年12月19日

引用元:約束のネバーランド:作品情報-映画.com

(※このページは2021年8月2日に
更新されました)

こんにちは!

映画を見て、約束のネバーランドにハマった
ひらのけんとです。

よろしくお願い致します!

「約束のネバーランドを知らない!」

「アニメかマンガは見た!」

「名前は知っている!」

というあなたへ、

実写映画「約束のネバーランド」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

主題歌は、ずっと真夜中でいいのに。の
正しくなれない」です↓

キャストと登場人物をご紹介

・エマ [浜辺美波さん]

オレンジ髪の主人公ですごいポジティブな
少女。

とても優しく、テンションが高い

テストでハイスコア(満点)を取る。

・ノーマン [板垣李光人さん]

白い髪のイケメン青年。

感情的になることなく冷静に物事を見れる。

本気でキレたら怖そうだ

テストでハイスコアを取る。

・レイ [城桧吏さん]

黒髪の青年で、趣味は読書

クールで、エマ、ノーマンと仲が良い。

テストでハイスコアを取る。

・ママ [北川景子さん]

グレイスフィールドハウス(孤児院)を管理している怖い美人女性。

不気味に笑ったり、真顔になったりする。

・クローネ [渡辺直美さん]

新しくグレイスフィールドハウスにやって
来た、ぽっちゃりのシスター
(ママの手助けをする人)。

コメディアンのような行動をする、
面白い人物。

・グランマ [三田佳子さん]

イザベラの上司。

・謎の男 [松坂桃李さん]

鬼の世界と人間の世界を管理している
謎の男。

・鬼

人間を食料としている生物。

人間3人分くらいの身長で、ムキムキな体格をしている。

おしゃべりができる。

簡単なあらすじ紹介

グレイスフィールドハウスという孤児院で
暮らす子供たちは、ママと共に幸せに
暮らしていた。

ある夜、コニーに里親が見つかり孤児院を
出ていくが、コニーが忘れ物をしたため
エマノーマンは届けに向かう。

すると、偶然コニーを見つけるが
死亡しているのを見つけ、人間を食料に
している鬼の存在、ママの本当の正体、
自分たちは鬼に食べられるためにここにいるという事実を知るのだった。

このままじゃまずい、
みんなで脱出しよう!

と決めたエマとノーマンは
行動するのだった。

果たして、最強のママが支配する孤児院から脱出することができるのか!

ネタバレなし感想

もともと、見るつもりはありませんでしたが予告編を見るとストーリー、主題歌、
キャストなどに魅了されて見たくなりました。

約束のネバーランド」という名前は聞いたことがあり、タイトルを見て
「平和なラブコメディ作品」と
予想しましたが大外れでした。

アニメもマンガも見ていない状態で
視聴しましたが、素晴らしい世界観で
とても楽しめました。

開始何分かで心を掴まれてしまいました。

登場人物からしたら
おいおい、かんべんしてくれよぉ。
マジで」というシーンがあり、そこから
視聴者を「約束のネバーランド」の世界へ
いざいないます。

素晴らしいつかみ(冒頭のシーン)でとても
見るのが楽しくなります。

豪邸と豊かな自然の中で繰り広げられる
脱出劇と北川景子さん演じるママと
浜辺美波さん演じるエマたちとの心理戦も
必見です。

個性的な人物が多い中、気になった人物が
三人います。

一人目は、浜辺美波さんのエマです。

主人公であり、メチャクチャ元気な
少女です。

朝起きてまもないのにデカイ声で
おっはよぉ!」とスピーカーだったら
耳の鼓膜が切れてしまうぐらいの音量で
挨拶します。

「すげぇ元気だな、どうやって朝っぱらからそんなにテンションを上げられるんだ?」

と疑問がわきました。

オレンジ色の髪なのでとても覚えやすいです。

二人目は、北川景子さんのママです。

ボクが見てきた北川景子さんが出演している作品では見たことがないような怪演
見せてくれます。

生まれて初めて見る北川景子さんだったので、まずそこでびっくりしました。

演じるママもとんでもない女性です。

こんなヤバい人の元で生活しているのかぁ」とグレイスフィールドハウスの子供たちが心配になりました。

比べ物になりませんが、学童保育という児童を預かる施設がありますが支配人が
「約束のネバーランド」のママだったら
恐ろしいです

ニヤッとする表情や表面上は素晴らしいママに見える演技が不気味さをはなっていて
とても良いです。

レアな北川景子さんが見れます。

三人目は、渡辺直美さん演じるクローネ
です。

予告編で出演しているのを確認しましたが、映画で始めて登場するシーンでは
すごいオーラをはなっています。

渡辺直美さんのコミカルな演技と怪演で
視聴者を楽しめます。

笑えるシーンが多いキャラクターです。

鬼ごっこで全力疾走する顔やブタの
ぬいぐるみを上下にゆらすシーンは
笑いました。

不気味なシーンもあって、面白くてヤバい
人物です。

人物ではないですが「約束のネバーランド」の重要な要素のもとても魅力的な
キャラです。

黒いパンツを履いてこん棒を持った赤い鬼を予想しましたが、映画の鬼は予想外の姿過ぎてびっくりしました。

あ、これ鬼なんだ」と思いました。

グレイスフィールドハウスの子供たちには
申し訳ありませんが、鬼の歩く速さがカメよりちょっと早いくらいのスピードで歩き方がかわいかったです。

姿はかわいくありません。

こんなことを言うと、子供たちから
鬼に食われちまえ!」と言われそうです。

鬼にも注目してご覧ください!

自然もとても良かったです。

草がいっぱい生えていて、鬼ごっこを
したくなりました。

子供たちが住んでいる家が豪邸なので

裏にプールでもあるのでは?

と妄想しました。

ママは
「絶対に柵の外へは行っては行けない!」と言いますが、そんなセリフを言われたら、
柵の外に何があるのか子供たちが
妄想しまくってしまいます。

見ている途中に「柵の外へ行け!行け!」と子供たちを応援しました。

ミステリー要素もあり裏切り者を探すシーンでは「誰だ?」と探せる楽しさがあります。

一番以外だったのは、感動したことです

コメディ、ミステリーなどさまざまな要素がありますが、何回か感動するシーンが
あります。

主題歌のずっと真夜中でいいのに。の
正しくなれない」が本編が終わった後に
流れますが、とてもノリノリになります。

歌詞を見ながら聞くと、映画ととても合っていて素晴らしいと思いました。

生まれて初めて聞くアーティストさんですが、他の曲も聞いてみたくなりました。

映画と主題歌をお楽しみください!

早速、アニメを2話だけ見ましたがとても
面白かったです。

映画とアニメを見比べる楽しさがあります。

アニメを見ている方はぜひ実写版と
見比べて下さい!

「約束のネバーランド」を
生まれて初めて知った方も映画を見て、作品の不思議な世界を体験してほしいです。

まとめ

実写映画「約束のネバーランド」を
ネタバレなしでご紹介しました。

タイトルの名前と予告編だけの情報だけで
視聴しましたが、とても楽しめました。

映画を見てさらに「約束のネバーランド」という作品に興味を持つことができました。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!