[映画紹介]人の欲望を写す鏡! Dr.パルナサスの鏡 ネタバレなし感想

2020年11月17日

引用元:Dr.パルナサスの鏡:作品情報-映画.com

(※このページは2021年8月1日に
更新されました)

こんにちは!

Dr.パルナサスの鏡を見て
「鏡って不思議だなぁ」と改めて思った
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「Dr.パルナサスの鏡を見たことがない!」

「ファンタジー映画が見たい!」

「SF映画が好き!」

「ジョニーデップが出演している映画が
見たい!」

というあなたへ、

SF映画「Dr.パルナサスの鏡」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

簡単なあらすじ紹介

主人公のパルナサス博士は、人の心の奥に
隠している欲求を鏡の中で写すことができる「イマジナリウム」を得意とする。

博士は、自分が不死になるその代わりに
悪魔に娘を差し出すという契約を
交わすのであった。

悪魔に娘を渡す日にちが迫った時、博士は新たに悪魔と契約をかわし娘を救うために
賭けに出るのであった。

キャスト・登場人物・
吹き替え声優をご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

・パルナサス博士(クリストファープラマー) [石田太郎さん]

不死で1000歳のおじさん。

娘がおり、悪魔と契約していることは内緒。

・悪魔(トムウェイツ) [坂口芳貞さん]

悪魔と呼ばれているが、人間の姿を
している。

不思議なパワーを持っており、人を不死に
することができるが見返りを要求する。

・トニー
(ヒースレジャー/ジョニーデップ/
ジュードロウ/コリンファレル)
[森川智之さん]

記憶を失った青年。

鏡の世界に行くと顔が三回変わる

物語が進んでいくと、トニーの顔が
変わっていきます。

・ヴァレンティナ(リリーコール)
[小島幸子さん]

博士の娘で、16歳の誕生日を迎える。

・アントン(アンドリューガーフィールド)
[佐藤拓也さん]

博士のもとで働く青年。

・パーシー(ヴァーンJトロイヤー]
[多田野曜平さん]

博士のもとで働く小人。

ネタバレなし感想

ジョニーデップとジュードロウが出演していてとてもうれしかったです。

Dr.パルナサスの鏡」は少し映像を
見ただけですが、見たくなりました。

カエルが乗っていそうな池の葉っぱに人間が乗っていた映像を見たので

「なんだこれ!」

と見たくなりました。

ハリーポッターなどの超有名なファンタジー映画しか知らなかったので
「Dr.パルナサスの鏡」を見て

こんな感じの映画もあるんだぁ

と学びました。

鏡に自分の欲しいものを表せる1000歳の
主人公のパルナサス博士はとても
すごかったです。

900歳のキャラクター
(スターウォーズのヨーダ)が知っているかぎりの最高齢キャラクターでした。

映画を見ていて

さすがに不死はやだなぁ

と思いました。

不死という事で、永遠に生き続られます。

ドランゴボールのフリーザを
思い出しました。

一番驚いたのは、青年トニーが四人の
俳優さんによって演じている事です。

ヒースレジャー、ジョニーデップ、
ジュードロウ、コリンファレルが演じていますが、豪華な俳優さんたちです。

一人のキャラクターを四人が演じる映画は
生まれて初めて見ました。

トニーの顔がだんだん変わっていくので

「あ、変わっている」

と気づくことができます。

あれ、ジョニーデップ出てこないなぁ」と思っていたので安心しました。

鏡の中の世界も注目ポイントです。

その人の心の奥の世界が見れるので、
明るい世界だったり、夢がかなった世界などが見られます。

改めて1000歳のパルナサス博士はすごいと
思いました。

他の映画とは違った不思議な雰囲気が味わえました。

たまに「?」が浮かぶシーンがありました。

すごすぎてポカンとしたということです。

「まぁ、見てみるか」といった感じで観賞しましたが、かなり鏡の世界や映画の雰囲気に引き込まれていつの間にかハマっていました

まとめ「

SF映画「Dr.パルナサスの鏡」をネタバレなしでご紹介しました。

豪華俳優が四人で演じるキャラと鏡の不思議な世界を体験してみてください。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!