[映画紹介]鬼上司VS新入社員! プラダを着た悪魔 あらすじ

2020年10月17日

引用元:プラダを着た悪魔:作品情報-映画.com

(※このページは2021年7月31日に
更新されました)

こんにちは!

プラダを着た悪魔を見て
よく仕事辞めないな」と主人公を尊敬したひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「プラダを着た悪魔をまだ見た事ない!」

「アンハサウェイの映画が見たい!」

「元気が出る映画が見たい!」

というあなたへ

コメディ映画「プラダを着た悪魔」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

映画「プラダを着た悪魔」で流れる曲です↓

主題歌はKTタンストールの
Suddenly I See」です↓

簡単なあらすじ紹介

主人公のアンディは「ランウェイ」という
ファッション雑誌の面接を受ける。

面接官のミランダは、アンディを採用する。

しかし、アンディはミランダの厳しい命令に振り回されることになる。

ああ、辞めたいわ」と思うアンディ。

果たしてアンディは辞めてしまうのか!

キャスト・登場人物・
吹き替え声優さんをご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

・アンディ(アンハサウェイ) [小松由佳さん]

主人公で、ファッションにあまり
興味はないのにファッションに雑誌の会社に入社した。

鬼上司ミランダの命令に耐える。

・ミランダ(メリルストリープ)
[宮寺智子さん]

ランウェイの編集長で、とても厳しい人で
有名。

ほぼ不可能な命令をする鬼上司

ハリーポッターの原稿を持ってきて」というセリフが、ミランダのヤバさを
引き立てます。

仮にボクの上司だったらすぐ辞めます。

・エミリー(エミリーブラント)
[よのひかりさん]

ミランダの第1アシスタントで、
夢はミランダとパリに行くこと。

エミリーをエミリーブラントが演じていたとは思いませんでした。

「音をたてたら死ぬ」というホラー映画
クワイエットプレイスに出演していて、
そこから知りました。

ネタバレなし感想

プラダを着た悪魔」を見て一番感じることは「アンディは神メンタルの持ち主」だと
感じました。

鬼上司のミランダのほぼ不可能な命令を
引き受けるアンディはボクには
まぶしかったです。

なぜそんなに耐久力があるんだ?

と思いながら見ていました。

ボクがプラダを着た悪魔に出たら、
面接でミランダに

なに、その格好は。雇うわけないでしょ」と言われて物語はエンディングを迎えます。

ミランダが厳しいので、
「ミランダの過去編やってくれ」
と思いました。

プラダを着た悪魔 ミランダを鬼にした過去」でどうでしょうか?

絶対見に行きます。

「どういう気持ちで命令しているんだろう」と気になりました。

タイトルに「悪魔」というように、
ミランダにぴったりの言葉です。

アンディのメンタルはすごすぎて
欲しくなりました。

参考になります。

ほぼ不可能な命令を引き受けるアンディを「がんばれ」と応援したくなりました

エミリーも過去にミランダにかなり
鍛えられたと考察します。

エミリーの夢が叶うのかも見どころです。

まとめ

コメディ映画「プラダを着た悪魔」を
ネタバレなしでご紹介しました。

とても元気の出る映画で、ミランダの
鬼要素もみどころです。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!