人と入れ替わる殺人鬼VS美人捜査官 テイキングライブス ネタバレなし感想

引用元:Amazon.co.jp

こんにちは!

「テイキングライブス」を見て
画商(がしょう)に興味を持った
ひらのけんとです。

よろしくお願いいたします!

テイキングライブスを見た事がない!

どんな映画?

アンジェリーナジョリーが
出演している映画を探している!

イーサンホークが出演している
映画を探している!

というあなたへ、

猟奇的な殺人事件に挑む美人FBI捜査官を
描いたスリラー映画
テイキングライブス」をネタバレなしで
ご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

無料で見る方法
(2021年11月2日時点)

U-NEXT(ユーネクスト)では31日間の
無料体験を利用して
「テイキングライブス」を
ご視聴できます。

ネットフリックスのように無料体験を
終了する可能性がありますので、
0円で見られる今のうちに
楽しみましょう。

(U-NEXTの無料体験はこちら)

※書いている時点では
配信されていますが、時間が経つと
配信を終了する可能性がありますので
ご確認くださいませ。

簡単なあらすじ紹介

カナダで連続殺人事件が発生する。

助っ人に現れたのは
FBI捜査官のイリアナ

彼女は観察力があり、推理力もある
凄腕(すごうで)。

犯人を見たという目撃者コスタ
似顔絵提供もあり、イリアナと
地元の警察は犯人が別の人物に
成り代わっている事を突き止める。

果たして犯人は誰なのか!

キャスト・登場人物・
吹き替え声優さんをご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

イリアナ (アンジェリーナ ジョリー)
[原千果子さん]

FBIからやって来た美人捜査官。

ずば抜けた観察力と推理力で
犯人を探す。

コスタ (イーサン ホーク)
[内田夕夜さん]

事件の目撃者。

絵や版画などの美術品を
売買する仕事をしている。

ルクレア (チェッキー カリョ)
[佐々木敏さん]

地元の警部で、FBIに連絡する。

イリアナの知り合い。

パーケット (オリビエ マルチネス)
[宮内敦士さん]

刑事。

デュバル (ジャン=ユーグ アングラード)
[御友公喜さん]

イリアナをあまり良く思っていない刑事。

アッシャー (ジーナ ローランズ)
[有田麻里さん]

死んだはずの息子を目撃した婦人。

ハート (キーファー サザーランド)
[清水明彦さん]

コスタの知り合い。

ネタバレなし感想

犯人

テイキングライブス」では
姿が変わる殺人鬼が出てきます。

どの顔が本物か分からないので
苦労しそうです。

顔を入れ替えてバレないようにする
という用意周到な犯人です。

犯人は猟奇的な殺人鬼なのですが、
気になるのは

「なぜ、やってしまったのか?」

という事です。

何の理由もないパターンもありますが、
何かありそうです。

13日の金曜日のジェイソンや
羊たちの沈黙の人食い博士など
いろんな殺人鬼を見てきましたが、
「テイキングライブス」の殺人鬼も
顔を入れ替えているという点が怖いです。

リアリティも感じられるので余計に
恐ろしいです。

アンジェリーナジョリー演じる
FBI捜査官イリアナとのバトルも
見どころです。

イリアナの観察力と推理力は探偵並みで、

すぐに犯人捕まりそう

と思うほどでした。

犯人探しが楽しかったです。

久しぶりに犯人を当てることができて
幸せでした。

婦人「死んだ息子を見た」

見ていて、犯人くらい気になった点です。

死んだはずの人間が生きているという
ドラゴンボールみたいな展開が
繰り広げられます。

「おばあちゃん、気のせいや。
幻覚を見たんだ」

と思いました。

幻か本物かという点も重要です。

ストレスがたまり、疲れすぎて幻覚を
見た説も考えられます。

それか、息子にそっくりな
ドッペルゲンガーなどが考えられます。

本物の息子の場合、
どうやって復活したのかという点です。

偽装(ぎそう)した、耐えた、魔法的なやつ
などの復活方法などを考察するとキリが
ありません。

ホラー映画の展開です。

映画「シャーロックホームズ」でも
死んだはずなのに目撃情報があるという
パターンがあったので謎が深まります。

果たして、ばあちゃん見たのは
幻か本物の息子か!

コスタ

映画で印象に残ったのは
イーサンホーク演じるコスタです。

画商(がしょう)という
美術品を売買するというビジネス
やっています。

生まれて初めて聞く単語ですごく興味を
持ちました。

コスタがメリカリヤフオク
使ったら大儲けしそうです。

美術の時間に作った絵を
売買できたのかぁ・・・

と捨てたことを後悔しましたが
しょうがないです。

また美術品を作るしかありません。

画廊(がろう)という言葉も
あまり聞いた事がありませんでした。

美術品をたくさん展示する場所
という意味です。

たまにピカソ展などの単語を聞くので
画廊です。

最近、美術に興味を持っているので
コスタに感謝です。

絵でビジネスができるという事を
発見できたので良かったです。

話が脱線しましたがコスタは
事件の目撃者という重要な人物です。

似顔絵を描くシーンがあるのですが、

さすが、美術のビジネスを
やっているだけあるなぁ

と尊敬するほどの画力でした。

画家として成功しそうです。

演じているのがイーサンホークなので、
ファンであるボクにとっては
最高でした。

しかも、アンジェリーナジョリーとの
共演なので最高です。

まとめ

猟奇的な殺人事件に挑む美人FBI捜査官を
描いたスリラー映画
テイキングライブス」をネタバレなしで
ご紹介しました。

人と入れ替わる殺人鬼はボクが
見てきた映画では見たことがなかったので、

こういうパターンもあるのかぁ

と勉強になりました。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!