[映画紹介]生きている死体! スイス・アーミー・マン ネタバレなし感想

2020年10月23日

引用元:スイス・アーミー・マン:作品情報-映画.com

(※このページは2021年7月31日に
更新されました)

こんにちは!

ハリーポッターが好きなひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「スイスアーミーマンを見た事がない!」

「ダニエル・ラドクリフが出ている映画が
見たい!」

「コメディ映画が好き!」

「笑いたい!」

というあなたへ、

コメディ映画「スイスアーミーマン」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

簡単なあらすじ紹介

無人島で助けを求める主人公ハンクは、
自殺をしようとしていた。

すると、砂浜に男の死体が流れてきたのを
目にする。

その死体はなぜかオナラをたくさんする。

ハンクはオナラの力を利用して、無人島を
脱出する。

果たして、2人は故郷に帰る事ができるのか。

キャスト・登場人物・
吹き替え声優さんを紹介

※[]のなかは日本語吹き替え声優さんです。

・ハンク(ポールダノ)[平川大輔さん]

主人公の青年。

メニーを水筒がわりに使ったり、ボート
がわりしたりするなど有効活用する。

メニー(ダニエルラドクリフ) [小野賢章さん]

流れてきた死体。

過去は不明。

突如、浜辺に流れてきた謎の死体。

能力はオナラで海を渡れる事

まるでハリーポッターの魔法のようである。

「なんか生きてそうだな」

と視聴者を思わせる。

ネタバレなし感想

食事中に見ていましたが、後悔しました。

お下品な映画なので、友人と見る、または1人で見る事をオススメします。

スイスアーミーマンは家族との食事中に見るものではありません。

まさかオナラをする死体の役が
ダニエル・ラドクリフだったのが一番の
驚きです。

「エクスペクトパトローナム(魔法の名前)」と言っていたのがウソみたいでした。

オナラってすごいパワーがあるんだな

と思いました。

雰囲気は小学生、中学生の休み時間みたいな感じでした。

基本、ハンクと死体が会話したりおかしな事をする映画ですが楽しめました

ハンクとメニーのやりとりも良かったです。

コメディ映画ですが、ハンクの青春物語にもなっております。

特に死体がしゃべったり、口から水を出すのはすごいと思いました。

ゾンビに近いですが、しっかりしゃべったり歌を歌ったりするので違います。

懐かしの「ジュラシックパーク」の曲が
出てきたのはうれしかったです。

他にもいろんな曲が出てくるので、
ミュージカル要素もあります。

メニーは水を出したりできるので、
シャワーがわりに使えたりします。

2人が故郷に帰れるのか気になりながら
見ていました。

少し感動するシーンもあるので、
笑って少し泣ける映画です。

まとめ

コメディ映画「スイスアーミーマン」を
ネタバレなしでご紹介しました。

ハリーポッターのダニエルラドクリフの
ギャップがすごいです。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!