[映画紹介]ジェイソンステイサムが天才少女を守る! セイフ ネタバレなし感想

2020年10月12日

引用元:SAFE セイフ:作品情報-映画.com

(※このページは2021年7月31日に
更新されました)

こんにちは!

ジェイソンステイサムは強すぎると思った
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「SAFE/セイフを見たことがない!」

「ジェイソンステイサムの映画が見たい!」

「アクション映画が見たい!」

というあなたへ、

アクション映画「SAFE/セイフ」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

簡単なあらすじ紹介

主人公ルークは元刑事で、警部の不正を
告発して職を失う。

ホームレスになったルークは、地下鉄で
ロシアのマフィアに追われている少女メイ
発見する。

メイは暗記パンを食べたかのような記憶力を持っており、中国のマフィアのとこでお金の動きや秘密情報、金庫の番号を
覚えさせられていた。

ロシアのマフィアもこのことを知っており、
1回は捕まえたが逃げられたので
追っかけている。

汚職警官たちも知っており、
メイを追いかける。

ルークはメイを助けて逃亡し、金庫の番号
などの話を聞く。

ルークは中国とロシアのマフィア、汚職警官の3つの組織をやっつけることを決める。

キャスト・登場人物・
吹き替え声優さんをご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

・ルーク(ジェイソンステイサム)
[山路和弘さん]

主人公で、昔は最強の刑事だった。

メイと一緒に行動する。

・メイ(キャサリンチェン) [寿美菜子さん]

天才的な記憶力を持つ少女。

その記憶力を悪用しようとする組織に
狙われる。

・ウルフ(ロバートジョンバーク)
[岩崎ひろしさん]

汚職警官。

・ハンジャオ(ジェームズホン)

中国マフィアのボス。

・エミール(サンドールテクシー)
[楠見尚己さん]

ロシアマフィアのボス。

ネタバレなし感想

全部見て一番最初に思ったことは

そんな記憶力欲しいなぁ」でした。

少女の記憶力があったら、
追試でカンニングせずにすみました。

仕事の内容や読んだ本の内容などを1回で
全て覚えられる記憶力はうらやましいです。

このデメリットは嫌な記憶
覚えていることです。

理不尽に誰かに怒られたした記憶などは、
すぐに忘れてしまいたいですが少女の記憶力のだとずっと覚えてないといけません。

適度な記憶力が大切だと思いました。

記憶力の他にも、激しい銃撃戦が
繰り広げられます。

命中率いいなぁ」と感心して見れます。

どういう訓練したらそこまで、
命中率がよくなるのか気になりました。

マフィアもとても怖かったです。

ゲームで見たことがありますが、映像で見ると2倍恐ろしいです。

映画「ゴッドファーザー」ほど怖くは
ありませんが、怖かったです。

ゴッドファーザー」もとても
面白い映画です。

次にカーチェイスです。

現実世界では滅多に見られない、
SAFE/セイフのカーアクションも
見所でした。

ぶつかりそうなのにぶつからないという、
主人公の運転テクニックはとてもレーズゲームの参考になります。

反対車線を走るシーンはヒヤヒヤします。

なぜ、ぶつからないんだ?」と
疑問に思ってしまいます。

ストーリーもとてもよくて、最後の終わり方はとても好きです。

まとめ

アクション映画 「SAFE/セイフ」を
ネタバレなしでご紹介しました。

SAFE=安全、安心ということですが、
映画「SAFE/セイフ」では交通安全が
守れていませんでした。

ボクがもしタイトルをつけていいとしたら「Not SAFE」にします。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!