[映画紹介]留守の間にペットたちは何をしているのか? ペット 声優

2020年12月6日

引用元:ペット:作品情報-映画.com

(※このページは2021年8月1日に
更新されました)

こんにちは!

ペットを見て
「家でこんなことしているのかぁ」と
思ったらひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「ペットを見たことがない!」

「面白い映画が見たい!」

「動物が好き!」

というあなたへ、

動物アニメーション映画「ペット」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

ペットのサウンドトラックです↓

キャラクター声優をご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

・ケイティ(エリーケンパー) [佐藤栞里さん]

モデルのような女性。

犬が大好き。

・マックス(ルイCK) [設楽統さん]

主人公の犬で、ケイティに拾われた犬。

デュークをよく思っていない。

・デューク(エリックストーンストリート)
[日村勇紀さん]

新しくケイティの家にやって来た、
デカイ犬。

マックスとはあまり仲が良くない。

・ギジェット(ジェニースレイト)
[沢城みゆきさん]

白いフワフワのセレブ犬。

マックスが好き。

・クロエ(レイクベル) [永作博美さん]

太った水色のネコ。

冷蔵庫のチキンを食べる。

・メル(ボビーモイニハン) [かぬか光明さん]

パグの犬。

走り回るの大好き。

・スノーボール(ケヴィンハート)

[中尾隆聖さん]

飼い主に見捨てられてしまったウサギ。

軍団を結成して、リーダーを担当する。

簡単なあらすじ紹介

ニューヨークでケイティ暮らすマックスは
幸せな生活を送っていた。

しかし、ケイティが茶色いデカイ犬の
デュークを連れてくる。

そしてマックスとデュークはお互いにケンカをするようになる。

ある日、ケイティの留守中にトラブルに
巻き込まれてニューヨークの街で
迷子になってしまう

果たしてマックスたちは、ケイティが家に
帰って来るまでに帰宅することが
できるのか!

ネタバレなし感想

ペットが飼い主の留守の間、
家で何をしているのか」というテーマの
ペット」ですがとても見たくなる
設定です。

あまり考えたことはありませんが、
確かにペットが飼い主不在の時に
何をしているのかは気になります。

「ペット」では、そんな疑問を
解消してくれます。

見る前に少し考察して「寝てるだけでしょ」と思っていましたが、全然寝ていなかったので安心しました。

まずオープニングが「テイラースウィフト」で感動しました。

好きなアーティストなので、とても嬉しかったです。

OPでかかる曲です↓

ニューヨークに行きたくなる曲です。

ペット」の一番の見所は、さまざまな動物がたちが出てくることです。

犬、ネコの他にワニやブタ、うさぎなどの
いろんな種類の動物たちが映画を
盛り上げます。

おもに、主人公のマックスの視点で
ストーリーが展開されていきます。

映画を見ていると「犬の嗅覚がすごい!」と思いました。

かなり遠いにおいも嗅ぎつける事ができ、
警察犬のすごさがわかりました。

動物たちのコミュニケーションも
面白かったです。

動物は言葉をしゃべっているのですが、
人間には「わんわん」や「ニャー、ニャー」としか聞こえないので、動物と人間の
コミュニケーションはたいへんだなぁと
勉強になりました。

いつか、動物と人間が会話できる世界
くるまでボクは待っています。

意外に、動物たちは語彙力があり「車」や「ソーセージ」などの言葉を
知っていました。 

どこで覚えたそんな言葉!」とツッコミを入れたくなりました。

さらに頭がいいので、IQ(知能指数)が
高そうです。

おしゃべりで、頭が良くて、さらに恋愛も
あります。

動物同士の恋愛を見られる映画は
生まれて初めて見ました。

一番好きなキャラクターはギジェットという白いフワフワの犬です。

とてもかわいくて、さわりたくなります。

とても戦闘力があり、犬の中ではかなり
強いです。

実際に飼いたくなりました。

気になったポイントは「ソーセージ」です。

「ペット」にはソーセージが出てきますが「こんなふうに、ソーセージは
作られるのかぁ」と学びました。

メチャクチャうまそうで、
食べたくなりました。

びっくりしたのは、犬もソーセージを食べるということです。

いままで知らなかったので、
新しい知識を得ました

ペットには「ペット2」という続編が
あります。

確かに、こんな素晴らしいアイデアを
一作だけで終わりにするのはもったいないと思いました。

「ペット2」では、さらにパワーアップしたストーリー、新しいキャラクターが
出てきます。

ぜひ続編も見てほしいです。

まとめ

動物アニメーション映画「ペット」を
ネタバレなしでご紹介しました。

小さいお子さんから、お年寄りの方まで
幅広い世代で楽しめる作品です。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!