[映画紹介]ストーリー・オブ・マイライフ ネタバレなし感想

2021年4月3日

引用元:ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語:作品情報-映画.com

(※このページは2021年8月9日に
更新されました)

こんにちは!

映画の主題歌がワンダイレクションの
「ストーリーオブマイライフ↓」
だと考察したら、見事に外した
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「ストーリー・オブ・マイライフ/
わたしの若草物語を見たことがない」

「ドラマ映画が見たい!」

「小説は読んだことがある!」

というあなたへ、

四姉妹の恋愛・将来・家族について描いた、名作小説のドラマ映画
ストーリー・オブ・マイライフ/
わたしの若草物語」をネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

簡単なあらすじ紹介

四姉妹の次女、ジョーは作家を目指して
おり、小説を出版社に提出していた。

ある日、妹のベスの体調が悪いということを知ったジョーは実家に帰ることになった。

末っ子のエイミーは伯母さんと一緒にパリにいた。

そして時は7年前にさかのぼる。

ジョー、メグ、ベス、エイミーの四姉妹は
母親と仲良く暮らしていたが、貧しかったのでお金持ちになりたいと思っていた。

父親は戦争に行っており、なかなか会えないでいた。

キャスト・登場人物・
吹き替え声優さんをご紹介

※[]の中は日本語吹き替え声優さんです。

・ジョー(シアーシャ ローナン)
[朝夏まなとさん]

四姉妹の次女であり、作家を目指している。

メグには女優になってほしいと思っている。

・メグ(エマ ワトソン) [清水理沙さん]

四姉妹の長女で女優を目指している。

大人になるにつれて、愛を求めるようになる。

・ベス(エリザ スカンレン) [田中有紀さん]

四姉妹の三女で、ピアノを弾くのが得意。

ピアノ意外にも、音楽関連の事に興味がある。

・エイミー(フローレンス ピュー)
[大平あひるさん]

絵を書くのが得意であり、画家を目指している。

四姉妹の末っ子。

・マーチ伯母さん(メリル ストリープ)
[高島雅羅さん]

四姉妹の父親の姉で、厳しい。

ネタバレなし感想

「若草物語」の実写化

作品の名前は聞いたことがありましたが、
実際に読んだりしたことはなかったので
映画で見ることにしました。

若草物語」というタイトルなので、「草」に関する映画かと思ったら違いました。

草に関する映画も見てみたいと思いました。

映画「ストーリー・オブ・マイライフ/
わたしの若草物語」では、
明らかに2000年代ではないので
この時代は、こういう雰囲気なのかぁ」と思いました。

馬車で移動するシーンなどを見ていると自分も乗ってみたくなります。

ミス、エマ・ワトソン目当てで見た作品ですが小説の「若草物語」も気になりました。

ベストセラーなのですごい作品です。

四姉妹

映画に出てくる四姉妹は愉快で、楽しそうで仲がいいので
素晴らしい姉妹だな」と思います。

特にミス、エマ・ワトソン演じる長女の
メグは素晴らしかったです。

ドレス姿は実写版「美女と野獣」のベルを
思い出させてくれます。

「こんなお姉ちゃんがいたらなぁ」と
想像しました。

映画ではいろんな兄弟や姉妹を見ることが
できますが、
「ストーリー・オブ・マイライフ/
わたしの若草物語」の姉妹はかなり
インパクトが残りました。

すごく幸せそうなので、見ているこっちも
幸せになれそうです。

夢・恋愛・お金などさまざまな事が四姉妹を襲いますが、すごく見ごたえがありました。

全員幸せになってほしいです。

ピアノ

四姉妹の三女であるベスはピアノが得意ということで、さまざまな曲を弾いてくれます。

卒業式で聞いたことがある曲を弾いてくれたりしたので

ベス、やるやんけぇ」と思いました。

卒業式で弾いてほしかったです。

将来はピアニストかな?、と思わせて
くれます。

よく、楽譜を見ないで弾けますね。と尊敬します。

ピアノを買おうと思っているので教えてほしいです。

他の姉妹たちも小説家になりたかったり、
女優になりたかったりしているので
「がんばれ!」と応援したくなります。

まとめ

四姉妹の恋愛・将来・家族について描いた、名作小説のドラマ映画
ストーリー・オブ・マイライフ/
わたしの若草物語」をネタバレなしでご紹介しました。

こんな素晴らしい作品があったとは・・・」と尊敬しました。

小説を読んだあなたは見比べる事ができ、読んでいないあなたは
小説も気になるな」と感じます。

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」のキャストで草に関する映画を制作してほしいです。

ご覧いただきましてありがとうございました!