映画「バイオハザード」の見る順番とは? 全6作品をご紹介+無料で見る方法

こんにちは!

映画「バイオハザード」の見方が
分からなくて4作目(アフターライフ)から
見てしまったひらのけんとです。

(現在は全6作品を視聴済みです)

よろしくお願いいたします!

「映画のバイオハザードが見たい!」

「見方が分からない!」

「見る順番を知りたい!」

というあなたへ、

大人気ゲームの実写映画「バイオハザード」シリーズ全6作品をネタバレなしで
ご紹介します。

それではいきましょう!

映画「バイオハザード」の
見る順番とは?
+無料で見る方法

結論から言うと公開順=時系列順になって
おりますので、公開順に見ていくのが
オススメです。

1作目「バイオハザード」 (2002年)

2作目「バイオハザードII アポカリプス」 (2004年)

3作目「バイオハザードIII」 (2007年)

4作目「バイオハザードIV アフターライフ」 (2010年)

5作目
「バイオハザードV リトリビューション」 (2012年)

6作目「バイオハザード:ザ・ファイナル」 (2016年)

となっており、公開順=時系列順なので順番に見ていく方法があります。

※無料で「バイオハザード」シリーズ全6作品をイッキ見する方法 (2021年7月20日時点)

アマゾンプライムビデオでは30日間の
無料体験を利用して映画「バイオハザード」
シリーズをイッキ見する事ができます。

ネットフリックスのように無料体験を終了する可能性がありますので、0円で見られる
今のうちに「バイオハザード」シリーズ
全6作品を楽しみましょう。

Amazonプライムビデオの無料体験はこちら

1作目 バイオハザード

引用元:バイオハザード:作品情報-映画,com

第1作目は「バイオハザード」です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

大企業のアンブレラ社は表向きは健康食品や医薬品を作っていたが、裏では生物兵器開発などを行っていた。

ある日、Tウイルスという人をゾンビにさせるウイルスがもれてしまい、世界中に
広がろうとしていた。

主人公のアリスはお風呂場で目覚めるが、
何も記憶がないままアンブレラ社の特殊部隊と共に会社の人工知能レッドクイーンを
シャットダウンするために行動するの
だった。

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]・・・
記憶をなくしている主人公で、
身体能力が高い。

マット(エリック メビウス)
[宮本充さん]・・・
アリスと一緒にいた男性で、妹が
アンブレラ社で働いている。

スペンス(ジェームズ ピュアフォイ)
[江原正士さん]・・・
アリスと同じく記憶をなくしている男性。

ワン(コリン サーモン)
[大友龍三郎さん]・・・
アンブレラ社の特殊部隊の隊長で
射撃力が高い。

レイン(ミシェル ロドリゲス)
[朴璐美さん]・・・
特殊部隊のメンバーで気の強い女性。

・見どころ

大人気ゲーム「バイオハザード」の
映画シリーズ第1作目であり、全ての始まりの物語です。

Tウイルスという人をゾンビ化するウイルスがもれてしまい、登場人物たちが何とか
食い止めようとします。

主人公アリスの始まりの物語でもあり、
人間離れした身体能力と射撃で
がんばります。

アンブレラ社という会社が今後重要なカギを握るので注目です。

まずは第1作目からご覧くださいませ!

2作目 バイオハザードII
アポカリプス

引用元:Amazon.co.jp

第2作目は「バイオハザードII アポカリプス」です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

Tウイルスの感染はどんどん広がっており、
一部の街は荒廃化(こうはいか)していた。

主人公のアリスは荒廃化した街で生存者の
ジルとその仲間たちと出会い、喜んでいた。

しかし、アンブレラ社は街を爆破して
Tウイルスによるゾンビ化事件を
隠蔽(いんぺい)しようと動き出していた。

果たして、アリスたちは街を脱出して爆破
から逃れられるのか!

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

※1度紹介した人物の説明は省略します。

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]

ジル バレンタイン(シエンナ ギロリー)
[湯屋敦子さん]・・・
何かをヤラかして停職中の警官。

カルロス(オデッド フェール)
[てらそままさきさん]・・・
アンブレラ社の特殊部隊の隊長で、
アリスたちと行動する。

アシュフォード(ジャレッド ハリス)
[石住昭彦さん]・・・
Tウイルスを開発した博士。

テリ(サンドリーヌ ホルト)
[金沢映子さん]・・・
ラクーン7というニュース番組のキャスター。

ペイトン(ラズ アドティー)
[乃村健次さん]・・・ジルと仲の良い警官。

・見どころ

第二作目の「バイオハザードII アポカリプス」では感染がさらに拡大して人類が
危なくなってしまいます。

ジル・バレンタインが登場するので
バイオハザードのゲームをやっていた方は

おぉ!

と思うのではないでしょうか。

他にもカルロスというアンブレラ社の
特殊部隊の隊長が出てきたりするなど、
バイオハザードを盛り上げてくれる人物たちが登場します。

ネメシスというゾンビを超えたとんでもないバケモノが出てくるのも注目です。

一度見たら忘れるのが難しそうな姿で、
アンブレラ社の生物兵器と化しています。

3作目 バイオハザードIII

引用元:Amazon.co.jp

第3作目は「バイオハザードIII」です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

世界はTウイルスの感染拡大によって砂漠化
していた。

主人公のアリスはアンブレラ社から追われる身となっており、逃げ回っていた。

一方、アンブレラ社では
ゾンビを飼いならす実験が行われており、
さらにはアリス計画というアリスのクローンを使った実験が行われていた。

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

※1度紹介した人物の説明は省略します。

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]

カルロス(オデッド フェール)
[てらそままさきさん]

クレア(アリ ラーター) [岡寛恵さん]・・・
大人から子どもの生存者で構成される軍団のリーダー。

アイザックス(イアン グレン)
[水内清光さん]・・・
ゾンビを飼いならそうと実験する博士で、
アリス計画も担当している。

ウェスカー(ジェイソン オマラ)
[立木文彦さん]・・・
アンブレラ社の議長で、アイザックス博士に「実験をやってくれ」と言う。

・見どころ

3作目の「バイオハザードIII」では感染が
広がりすぎて、砂漠化しています。

新たな登場人物にクレア・アイザックス・
ウェスカーが出てきますが、特にクレア
ウェスカーには注目です。

クレアは生存者軍団のリーダーで
カリスマ的存在です。

ウェスカーに関しては大注目して
ほしいです。

ただ会議しているだけで

おお、強そうだな

と思わせてくれるオーラを出しています。

「バイオハザードII」に出てきたカルロスも
参戦しているのも素晴らしいです。

タイラントというバケモノが出てくるのも
注目です。

ネメシス同様、ゾンビより圧倒的に強いのでアリスたちを追い詰めます。

アリスもかなり成長して超能力が使えるようになります。

4作目 バイオハザードIV
アフターライフ

引用元:Amazon.co.jp

4作目は
バイオハザードIV アフターライフ」です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

相変わらずTウイルスの感染は続いており、
どうしようもなかった。

アンブレラ社は東京の地下でウェスカー
指示でいろんな研究を行っていた。

アリスはウェスカーのいる施設(しせつ)を
襲撃するが、あと少しの所で
逃げられてしまう。

まぁいいや。後で倒す

と思ったアリスは飛行機で生存者を
探すが・・・

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

※1度紹介した人物の説明は省略します。

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]

クレア(アリ ラーター) [岡寛恵さん]

ウェスカー(ショーン ロバーツ)
[立木文彦さん]

クリス(ウェントワース ミラー)
[東地宏樹さん]・・・
元特殊部隊で、クレアの兄。

ルーサー(ボリス コジョー)
[楠大典さん]・・・
元プロバスケットボール選手で、とても
ジャンプ力がある。

ベネット(キム コーツ) [梅津秀行さん]・・・ルーサーと同じ建物にいる、
元映画プロデューサー。

・見どころ

第4作目
「バイオハザードIV アフターライフ」では
ウェスカーが本格的に動き出します。

一番注目してほしいシーンは

クレア&クリス&アリスVSウェスカー

で戦うシーンです。

サングラスを投げたり、銃弾を「ヒュン!」と高速移動で避けて戦うウェスカーは
ファンにとってはたまりません。

忙しくて見る時間がない方でも
クレア&クリス&アリスVSウェスカーの
戦闘シーンだけは見てほしいです。

今回も新しい人物がたくさん登場しますが、中でもクリスに注目です。

元特殊部隊・クレアの兄・厳重(げんじゅう)な部屋に入れられているというウェスカー並に気になる人物です。

5作目 バイオハザードV
リトリビューション

引用元:バイオハザードⅤ リトリビューション | ソニー・ピクチャーズ

第5作目は
バイオハザードV リトリビューション
です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

強敵との戦いを終えたアリスだったが
アンブレラ社に襲撃されて気を
失ってしまう

目覚めたアリスはアンブレラ社の施設(しせつ)にいることに気づき、アリスの元に
かつて一緒に戦ったジルがやって来るが
彼女はアンブレラ社の仲間になっていた。

何とか脱出しようとするアリスの元へエイダというウェスカーの部下がやって来る。

ウェスカーはアリスと協力して
人類滅亡の危機をなんとかしたいと
思っており、彼女を脱出させるために
エイダや救出チームを派遣したのだった。

果たして、アリスはアンブレラ社の施設を
脱出してウェスカーの元にたどり
着けるのか!

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

※1度紹介した人物の説明は省略します。

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]

ジル(シエンナ ギロリー) [湯屋敦子さん]

ウェスカー(ショーン ロバーツ)
[立木文彦さん]

ルーサー(ボリス コジョー) [楠大典さん]

レイン(ミシェル ロドリゲス) [朴璐美さん]

カルロス(オデッド フェール)
[てらそままさきさん]

ワン(コリン サーモン) [大友龍三郎さん]

エイダ(リー ビンビン) [岡本麻弥さん]・・・ウェスカーの部下で、アリスを助けに
やって来る。

レオン(ヨハン アーブ) [宮内敦士さん]・・・アリス救出チームのリーダー。

バリー(ケヴィン デュランド)
[金光宣明さん]・・・
救出チームのメンバーでマグナムを
愛用している。

・見どころ

第5作目の
「バイオハザード リトリビューション」では1作目〜4作目に出てきた登場人物が登場し、味方だったはずの人物が敵になり
かつての敵が味方になるという主人公の
アリスを困らせる現象が起きます。

ウェスカーが味方で、ジルが敵という

急にどうしたんだ?

と思うような展開が繰り広げられます。

新しい人物ではバリーエイダレオン
出てきます。

ゲームをやっている方は「お!」と
思うかもしれません。

4作目(アフターライフ)までに出てきた
人物たちが再登場するのも胸アツ展開です。

「懐かしいなぁ」と思います。

6作目 バイオハザード:
ザ・ファイナル

引用元:バイオハザード ザ・ファイナル : 作品情報 – 映画.com

6作目は「バイオハザード:ザ・ファイナル」です。

予告編です↓

・簡単なあらすじ紹介

世界はTウイルスにより人類滅亡寸前だった。

アリスはレッドクイーンから

48時間以内に抗ウイルス剤をバラまかないと人類が滅亡する

と言われたアリスはラクーンシティの
地下研究所に抗ウイルス剤がある事が
分かり、向かうのだった。

しかし、アリスが抗ウイルス剤の存在を
知っていることに気づいたウェスカーと
アイザックス博士が動き出す。

果たしてアリスは48時間以内に抗ウイルス剤をバラまき、人類を救うことができるのか!

・キャスト・登場人物・吹き替え声優さんをご紹介

※1度紹介した人物の説明は省略します。

アリス(ミラ ジョヴォヴィッチ)
[本田貴子さん]

アイザックス(イアン グレン)
[水内清光さん]

ウェスカー(ショーン ロバーツ)
[立木文彦さん]

クレア(アリ ラーター) [岡寛恵さん]

レッドクイーン(エヴァー アンダーソン)
[かないみかさん]・・・
アンブレラ社の人工知能。

ドク(オーエン マッケン)
[浪川大輔さん]・・・
生き残り集団のリーダー。

コバルト(ローラ) [同じ]・・・
生き残り集団のメンバー。

・見どころ

第6作目で映画「バイオハザード」シリーズは完結します。

「ザ・ファイナル」では主人公アリスや
アンブレラ社の秘密が分かります。

3作目(バイオハザードIII)のアイザックス博士が再登場し、ウェスカーと共にアリスの
人類を救う作戦を全力でジャマしてきます。

「ザ・ファイナル」でウェスカーが出ているのも見どころです。

初登場の3作目からラスボス感があったので、「ザ・ファイナル」で出てくるのは
素晴らしいです。

まとめ

大人気ゲームの実写映画
バイオハザード」シリーズ全6作品を
ネタバレなしでご紹介しました。

公開順=時系列順になっておりますので、

1作目「バイオハザード」 (2002年)

2作目「バイオハザードII アポカリプス」 (2004年)

3作目「バイオハザードIII」 (2007年)

4作目「バイオハザードIV アフターライフ」 (2010年)

5作目
「バイオハザードV リトリビューション」 (2012年)

6作目「バイオハザード:ザ・ファイナル」 (2016年)

という順番で見るのがオススメです。

見方が分からなかったボクは4作目の
アフターライフから見てしまい大変な事に
なったので、この記事を読んでいる
あなたは、ぜひ1作目「バイオハザード」から順番にご覧くださいませ!

ご覧いただきましてありがとう
ございました!