学生に読んでほしい!本を読まずに読書感想文を書く方法

2020年8月18日

はじめまして!

学生時代、始業式3日前まで夏休みの宿題をやらなかったひらのけんとです。

読書感想文が終わらない!

「本読むのめんどくさい!」

そんなあなたに、本を読まずに読書感想文を書く方法を紹介します。

実際に自分でやったものです。

1 見た事のある映画やドラマ、アニメを思い出す

2 決めた作品が本になっているか確認

3 あらすじ、感想を書いていく

一つずつ説明します!

1 見た事のある映画やドラマ、アニメを思い出す

これは、最近見たアニメや映画などで良いです。

もちろんドラマでもいいです。

ポイントはよく覚えている作品で読書感想文を書くことです。

なぜかというと、よく覚えている作品の方がスラスラかけるからです

ボクは当時よく見ていた「半沢直樹(銀行のドラマ)」にしました。

2 決めた作品が本になっているか確認

「本当にこんな本があるのか?」

という先生はあまりいないと思いますが、もしもの時のために選んだ作品が本になっているかGoogleでチェックします。

アニメでもマンガではなくて小説もありますので

先生に「これマンガだろ?」と言われたら

いや、小説であります立派な読書感想文です」と言えます。

ドラマや映画にも原作があると思いますので、チェックしてみましょう!

ちなみに「半沢直樹(銀行のドラマ)」は原作があります。

3 あらすじ、感想を書いていく

作品を思い出して、Googleで「〇〇本」と検索すれば小説が出てくると思います。

ここまできたら、読書感想文を書きます。

ここまで、本はまったく読んでいません

ジブリにも小説がありますので、「となりのトトロ」は見た方が多いと思いますので書きやすいです。

1枚目の半分以上はあらすじで、そのほかは「ここの部分が良かったです、理由は????です

など、書く事ができます。

今回は、本を読まずに読書感想文を書く方法を紹介しました。

夏休みの宿題はとんでもない量を出してきます。

音楽を聴きながら終わらせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

P.S. グラセフは良いゲームです。