[ドラマ紹介] 悪のビデオガール降臨! 「電影少女 2019」を見た感想

2021年5月28日

引用元:電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-の情報・感想・評価・動画配信:Filmarksドラマ

(※このページは2022年5月21日に
更新されました)

こんにちは!

ドラマ「電影少女」を毎年やってくれ
と思ったひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「電影少女を見たことがない!」

「恋愛ドラマが好き!」

「2018年の電影少女は見た!」

というあなたへ、

恋愛ドラマ「電影少女 2019」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

主題歌はKERENMIの
からまるfeat. 大比良瑞希」です↓

キャストと登場人物を
ご紹介

・神尾マイ(かみお まい)
[山下美月さん]

画面から出てきたビデオガール

頭が良く、ビデオを再生した人のためなら
どんなことでもする。

・叶野健人(かの たけと)
[萩原利久さん]

主人公で、写真ををよく撮る。

テレビから出てきたマイに
困惑(こんわく)する

・朝川由那(あさかわ ゆな)
[武田玲奈さん]

叶野の高校に転校してきた美女。

モデルの仕事もしている。

・弄内洋太(もてうち ようた)
[戸次重幸さん]

マイを探している男。

簡単なあらすじ紹介

主人公の叶野健人(かの たけと)は
高校生で、一人暮らししている。

ある日、放送室でビデオを発見し
家に帰って再生すると
神尾マイ(かみお まい)という少女が
画面から出てくる。

何でも望みを叶える

という、マイに対して叶野は

「同じクラスの朝川(あさかわ)と
付き合わせろ」と

望みを言うのだった。

果たして、叶野の望みは叶うのか!

ネタバレなし感想

電影少女」は2018年バージョンの
ドラマを見てハマりました。

「電影少女 2019」は2018年と
比べると、とても怖い作品です。

2018はで2019年はという
対になっているのがいいです。

ホラー要素があるので、
ホラードラマでも
あります。

怖いバケモノが出てこないのに、
恐怖するというすごい作品です。

注目人物が二人います。

一人目は山下美月さん演じる
ビデオガール
こと神尾マイ(かみお まい)です。

どんな願いでも叶える

というドラゴンボールの
シェンロンのようなことを言いますが、
どんな手段を使っても
叶えるという恐ろしい人物です。

さすがの主人公も

これは、やりすぎだよぉ

と困惑しています。

恐ろしい上に美人ということで、
キャラ的には最凶です。

料理ができたり、ターゲットの情報を
集めたりするなど

そんな知識、どこで勉強した?

と質問したくなりました。

もう一人は、萩原利久さん演じる
主人公の
叶野健人(かの たけと)です。

独り言がとても印象に残ります。

マイを見て

すごい進化したペッパーだと
思えばいいか

と発言するなど、面白いことを
言います。

かなり広い家に住んでいて

「すごい高校生だな」と思いました。

マイと叶野のやり取りが個人的に
オススメポイントです。

急に出てきたマイと叶野の会話で

「(頭が)整理できないんだけど!

あぁ(ちらかったゴミを整理するマイ)」

そっちの整理じゃなくて

という会話が面白かったです。

電影少女は2018、2019年と
やってきたので毎年やってほしいと
思いました。

続編が見たい作品です。

まとめ

恋愛ドラマ「電影少女 2019」を
ネタバレなしでご紹介しました。

最初はコメディ要素があり、だんだん
ミステリアスになっていきます。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!