[ドラマ紹介] テレビから美人が出てくる! 「電影少女 2018」を見た感想

2021年5月14日

引用元:電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-の情報・感想・評価・動画配信-Filmarks ドラマ

(※このページは2022年8月8日に
更新されました)

こんにちは!

ビデオが懐かしいと思った
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「電影少女を見たことがない!」

「ラブコメドラマが見たい!」

「マンガは読んだ!」

というあなたへ、

主人公とビデオから出てきた美女による、
ラブコメディドラマ「電影少女 2018」を
ネタバレなしでご紹介します。

それではいきましょう!

予告編です↓

主題歌はtofubeatsの
ふめつのこころ」です↓

スポンサーリンク

キャストと登場人物を
ご紹介

・天野アイ(あまの あい)
[西野七瀬さん]

画面から出てきたビデオガールで、
再生した人の願いを叶える。

家事、掃除、料理などなんでもこなせる。

・弄内翔(もてうち しょう)
[野村周平さん]

一人暮らしをすることになった主人公。

突然現れたアイに困惑する。

・柴原奈々美(しばはら ななみ)
[飯豊まりえさん]

翔の同級生。

アニメーションのシナリオを
書いている。

・古矢智昭(ふるや ともあき)
[清水尋也さん]

翔の親友。

プロデューサーの仕事に興味がある。

・弄内洋太(もてうち ようた)
[戸次重幸さん]

翔のおじさん。

25年前のアイを知っているようだが・・・

・大宮リカ(おおみや りか)
[大友花恋さん]

翔の後輩。

・清水浩司(しみず こうじ) [村上淳さん]

プロデューサー。

簡単なあらすじ紹介

主人公の弄内翔(もてうち しょう)は
一人暮らしをするために、
おじさんの家にやってくる。

二階で、ビデオテープが入った壊れた
ビデオ再生機を見つけて再生する。

すると、画面からビデオガールの
天野アイ(あまの あい)が
出てくるのだった。

こうして、翔とアイの奇妙な
3ヶ月間が始まるのであった。

ネタバレなし感想

ボクは「電影少女」については
何も知らないまま、観賞しました。

するととてもハマり

何でもっと早くに見なかったんだ!

と思いました。

普通の恋愛の作品も好きですが、
コメディが加わるととても良いです。

一番最初に思ったことは
ビデオ懐かしいなぁ」です。

最近では、ビデオという言葉を
聞きません(ボクの周りでは)。

もしかしたら
知らない方もいるかもしれません。

今やDVDやスマホで映画やドラマを
楽しめる時代になりました。

黒くて四角い、白い丸が二つあるモノです。

ビデオを再生機械に入れるのが楽しく
「ガチャ、ガチャ」と効果音がします。

今では、思い出の記録をDVDに焼いたり
スマホに残したりしますが、
ビデオでもそういったことをしていた
時代があることを思い出しました。

かなり脱線してしまいましたが、
ビデオから人が出てくるということで、
最初
リング(ビデオを見ると呪われる映画)」
を思い出しました。

ですが「電影少女」では
恐ろしい女性ではなくて美女
出てくるので安心です。

この時点でボクは興味が出てきました。

ビデオから美女が出てくるのか」と。

そういう作品も見たことがなかったので、
余計に気になりました。

ボクがビデオを手にしたら
エマワトソン(海外女優)が
出てきてほしいです。

注目人物は、西野七瀬さん演じる
ビデオガールの
天野アイ(あまの あい)です。

キャラが濃すぎて、インパクトが
ありました。

自分のことを”オレ”と言ったり、
しゃべり方にクセがあったりするので
登場人物のなかでも
かなり目立つキャラクターです。

主人公の翔(しょう)とアイの
おしゃべりがとてもほほえましくて
面白いです。

12話分、おしゃべりで良いよ

と思うくらい、クスッと笑える
やりとり満載です。

ずっと見ていられます。

さらに二人の様子を見ていると

「二人で結婚してください」

と応援したくなります。

ドラマは25分くらいですが、
1時間くらいやってほしかったです。

面白すぎて一気に見てしまうほど
中毒になりました

最初はコメディ要素が強く、
クライマックスにかけて
感動していきます。

まとめ

主人公とビデオから出てきた美女による
ラブコメドラマ「電影少女」を
ネタバレなしでご紹介しました。

リングのように怖い女性が出てくる
ホラーではないので安心して見れます。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!