好きな人に会うために出世を目指す新入社員! ドラマ「悪女」を見た感想

2022年5月25日

引用元:悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った … – 日テレ公式サイト

(※この記事は2022年8月8日に
更新されました)

こんにちは!

ドラマ「悪女」を見て、

主人公のようなやる気があれば
トヨタを辞めなかったなぁ

と思ったひらのけんとです。

よろしくお願いいたします!

悪女を見たことがない!

今田美桜さんが出ているドラマが
見たい!

見た人の感想が読みたい!

というあなたへ、

やる気がありすぎる新入社員が
好きな人に会うために出世を目指す
コメディドラマ「悪女」を
ネタバレなしでご紹介します。

  1. 作品情報
  2. 簡単なあらすじ紹介
  3. 登場人物とキャストをご紹介
  4. ネタバレなし感想

という順番になっております。

それではいきましょう!

予告です↓

主題歌はジェジュンさんとXIAさんの
「六等星」です↓

スポンサーリンク

作品情報

[作品名] 悪女(わる)

[制作年] 2021年

[放送時間] 51分

[脚本] 後藤法子さん

[スタッフ]

南雲聖一さん(演出)、
諸田景子さん(プロデューサー)、
田中宏史さん(チーフプロデューサー)、
松本晃彦さん(音楽)

[媒体] テレビ、動画配信サービス

・インスタグラムでも発信しています↓

簡単なあらすじ紹介

主人公の田中麻理鈴(たなか まりりん)は
オウミというIT会社に入社します。

入社式で急に自己紹介をして、
早速かましてしまう田中。

田中は備品管理課という部署に
配属されますが、そこは会社から
何も期待されていない人たちが集まる
最下層の場所でした。

先輩社員の峰岸(みねぎし)から、

備品管理課に来たら、逃げ出すことも
はい上がることもできない

と言われる田中ですが備品を届ける
仕事をやり始めます。

しかし、ゴミをぶちまけたり、
人の机の上に乗って人の名前を
デカイ声で叫ぶなどのポンコツぶりを
会社の人に見せつけます。

田中のポンコツぶりに目をつけた峰岸は、

出世しない?

と田中を誘います。

田中はスカイダイビングで一目惚れした
イケメンに出会うために峰岸の導きで
出世を目指すことになるのでした。

果たして、田中は無事に出世して
イケメンに会うことが
できるのでしょうか?

・YouTubeでもネタバレなしで
ご紹介しています↓

スポンサーリンク

登場人物とキャストを
ご紹介

田中麻理鈴(たなか まりりん)
[今田美桜さん]

好きな人に会うために出世を目指す。

やる気がありまくり、
いつもポジティブ思考。

峰岸(みねぎし) [江口のりこさん]

備品管理課に所属している田中の先輩。

個性的すぎる田中に出世術を
教えようとする。

大井(おおい) [志田未来さん]

入社3年目の若手社員。

コロナの影響でリモートワーク
だったため、会社になじめていない。

小野(おの) [鈴木伸之さん]

企画開発部のエリート社員。

田中とよくぶつかり合う。

TO [向井理さん]

田中が一目惚れしたイケメン。

オウミの社員で、よくスカイダイビングを
している。

夏目(なつめ) [石田ひかりさん]

人事部の部長で、部下の女性に厳しい。

誰よりも早く出社している。

山瀬(やませ) [高橋文哉さん]

大学生の清掃のアルバイト。

社内の情報をよく知っている。

ネタバレなし感想

ドラマ「悪女」を見ようと
思った理由は今田美桜さんが
出ているからです。

いい意味でヤバすぎる新人

ドラマ「悪女」で一番印象に残ったのは
今田美桜さん演じる新人です。

印象に残った理由は常にポジティブ思考で
失敗してもすぐに切り替えて行動できる
という性格がすごいと思ったからです。

入社式で急に自己紹介を始めたり、
スライディングする勢いで会社を
走り回ったりするといった元気な性格
も特徴的です。

まぁ、最初はこんな感じだな

と思いました。

主人公のような元気はありませんでしたが
トヨタに入った時は「がんばるぞ!」
という感じでしたが、最初の1ヶ月だけ
でした。

なので主人公も2ヶ月、もしくは半年
くらいで、

ああ、辞めてぇ

と言う未来が見えました。

何も知らない主人公と気持ちが
ほぼ一緒の状態だったので、
だいたいの末路は予想できました。

ただ、主人公の場合はお金が目的で
働いているのではなく、

好きな人に会うために出世する

という明確な目標があるので
辞めなさそうです。

恋のパワーってスゴイんだな

と嫌なことでも恋のパワーで
なんとかなる様子を見て思いました。

名前が田中麻理鈴(たなか まりりん)
という覚えやすい名前なのも
ポイントです。

マリリンモンローが由来です。

常にポジティブ思考なのも
素晴らしいです。

先輩「あなたには関係ないでしょ💢

田中「関係ありますよぉ

という会話で、普通は
「はい、すいません」という感じですが
田中は冷静にポジティブに返すという
神メンタルを持っているので
欲しくなりました。

壁にぶつかっても諦めない姿は
元気が出ました

そこまでやるのか

と思うほど目標のためなら徹底的に
やる姿には脱帽です。

どんな仕事にも楽しみを
見つけようとする姿もすごいです。

理由は嫌なことでも無理やり楽しみを
見つけようとするからです。

こりゃ、一生できない行動だな

と思いました。

さすがに嫌なことでやりがいを
見つけるという技術を実行する前にボクは
辞めます

キャリアアップや年収を上げるために
出世を目指すと思うのですが
ドラマ「悪女」の田中は好きな人に
会うために出世を目指すという
今まで自分が見たことも
聞いたこともない出世理由で
びっくりしました。

?「出世理由はなんですか?

田中「好きな人に会うためです

?「こ、こいつはすごい!

という感じになりそうです。

“好きな人に会う”という事が
モチベーションになっているので
どこまで行けるのかが見どころです。

メンター(指導者)を持つ

ドラマ「悪女」でいいなぁと思ったのは
主人公(弟子)と先輩(メンター)の関係です。

いいなぁと思った理由は
自分がヨーダやオビワンみたいな師匠が
ほしいからです。

謎に包まれた先輩だが、出生術は
知っている。

自分の出生術を主人公に教えるという、
このメンターと弟子の関係が
本当に素晴らしいです

主人公が壁にぶつかった時に、

先輩「〇〇してみたら

とアドバイスして、

主人公「あ、ひらめいた

というやり取りがまさにボクが
想像するメンターと弟子のやり取りです。

こんなスターウォーズみたいな
師弟関係が築けたらなぁ

と、うらやましくなりました。

ボク1人では成功できないことは
理解しているので「スターウォーズ」に
出てくる人生の師匠みたいな人に
いろいろ教わりたいです。

今まさに人生が詰みゲーになっているので。

類は友を呼ぶ”という言葉がありますが
成功者(メンター)から教わったり、
行動することによって自分が成長できる
というイメージが「悪女」を
見てわきました。

深い言葉です。

メンターを持つことの大事さを
学びました。

まとめ

やる気がありすぎる新入社員が
好きな人に会うために出世を目指す
コメディドラマ「悪女」を
ネタバレなしでご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!

追伸

よくこんな元気に働けるよなぁ」と
主人公に対して思いましたが、
自分がいろいろ老化していることに
気づきました。