[本紹介]売上が上がる言葉を見つける方法! ザコピーライティング レビュー

2021年2月25日

(※このページは2021年6月22日に更新されました)

こんにちは!

ザ・コピーライティングを読んで言葉のすごさが分かったひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「ザ・コピーライティングを読んだことがない!」

「ブログなどの文章を書く仕事をしている!」

「どんな言葉を書けばいいのか分からない!」

というあなたへ、効果的な見出し・文章の書き方・どんな風に書き始めればいいかなどが学べる本
ザ・コピーライティング」をご紹介します。

それではいきましょう!

目次をご紹介

第1章
これが新しい広告戦略だ

第2章
広告は見出しが命

第3章
どんな見出し1番注目されるか

第4章
効く見出しはこう書く

第5章
35の見出しの型
ー効果は検証済み

第6章
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには?

第7章
「テスト済み広告と」「テストしない広告」

第8章
熱意を込めてコピーを書く方法

第9章
コピーの出だしはこう書く

第10章
効くコピーはこう書く

第11章
コピーの売り込み効果を高める20の方法

第12章
誰もがぶつかる問題を避ける方法

第13章
こうすればもっと問い合わせが増える32の方法

第14章
最大数のお客にアピールする方法

第15章
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか

第16章
小スペース広告で利益を上げる方法

第17章
頭の体操10問
ー成功した見出しはどっち?

第18章
広告をテストする17の方法

ご紹介。著者と訳者

著者

ジョン ケープルズ先生

アメリカの広告業界で58年間活躍し続けた伝説のコピーライター。

ザ・コピーライティング」は1936年の本で、4回もの訂正があり、ロングセラーになっている。

訳者

神田昌典(かんだ まさのり)さん

多数の成功企業やベストセラー作家を育成し、総合ビジネス誌では「日本一のマーケッター」に選ばれる。

ビジネス書、小説、翻訳書を書いたり、ミュージカル、テレビ番組企画などの創作活動も行っている。

著書には「あなたの悩みが世界を救う!」「成功者の告白
非常識な成功法則」などがある。

・齋藤慎子(さいとう のりこ)さん

英語とスペイン語の翻訳者で、訳した本には
究極のセールスレター」「究極のマーケティングプラン」がある。

・依田卓巳(よだ たくみ)さん

翻訳家で訳した本には
「1分間セルフ・リーダーシップ」「バズ・マーケティング」
「ザ・ジャストインタイム」などがある。

レビュー

効果的な見出しの書き方

ザ・コピーライティング」では、「見出しが命!」と言うほどかなり重点をおいています。

なぜ見出しが大事なのか読んでみたら、
一番最初に見られるのは見出しであり、
どんなに素晴らしい文章や素晴らしい写真などがあっても、
見出しが良くなければならない

ということで、見出しの重要さが分かりました。

効果的な3パターンと5つのルールはすごく勉強になりました。

3パターン↓

1 得になる・・・相手のためになることを見出しに入れる

2 新情報・・・新しい情報を入れる

3 好奇心・・・好奇心をそそるような言葉を入れる

なるほど、まったく意識していませんでした。

5つのルール

1「得になる」ことを必ず入れる

2 新製品や新しい使い方などの「新情報」があれば見出しで大きく伝える

3「好奇心」を刺激するだけでは効果は薄いが、「得になる」+「好奇心」は強力な見出しになる

4 暗い面、マイナス面を書くことは避けて、明るい面やプラス面を書く

5 手っ取り早く簡単に、ほしいものを手に入れられる方法があることを見出しで知らせる。
「今すぐできる! 簡単にお金を稼ぐ方法(例)」

5つのルールと3つのパターンを知った時点でかなり、見出しの重要性と効果的な書き方が分かります。

なるほど、ルールとパターンは分かったが、具体的にどうやって書くのか?

そこで紹介されているのが「35の見出しの型」です。

実際に効果のあって、これからも効果が期待できるということで使わない手はありません

自分が売ろうとしている商品やサービスを頭に置きながら読めば、自分が使える型が見つかります。

2個をご紹介します。

「型13 無料提供をメインにする」
例:10万5321冊の本を1ヶ月無料で読み放題!

「型16 〇〇する方法」
例:今すぐ簡単にできる若返る方法

他にも見出しを書く13のアドバイスなどがあり、見出しの例や広告の例がのっています。

見出しを書くときにパターン、ルール、アドバイスを見て、型にはめて決めます

購入してもらう理由を見つける

購入してもらう理由(訴求ポイント)と呼ばれるものがあります。

見出しと同じように重要だと思いました。

効果的な訴求ポイントを少しご紹介します。

・収入を増やす

・もっと健康に

・みんなと同じでいたい願望

・お金を節約する

・人気者になりたい、注目されたい願望

などがあり、あと12個のポイントがあります。

扱う商品や売りたい商品を訴求ポイントと結びつけて、見出しに入れると完璧です。

自分も訴求ポイントとを見つけて見出しに入れます。

効果的な文章の出だしと書き方

6つの文章の出だしの型が紹介されていますが、気になったのはエピソードの型です。

商品を使用した体験談や逸話(いつわ)で始めるというものです。

使ってみましたが、あまり良くありませんでした

この商品を使用したら〇〇でした

という体験談などで始めるというのはすごく興味深かったです。

逸話の意味がよく分からなかったので調べてみると
その人のあまり知られていない珍しい話」ということで、扱う商品の逸話でもいいなら使えると思いました。

文章の書き方でもすごく学びがありました。

19個の書き方があり、どれを使って書こうかワクワクします。

またもやエピソードの書き方があって、エピソードはすごいと思いました

まとめ

効果的な見出し・文章の書き方・どんな風に書き始めればいいかなどが学べる、ジョン・ケープルズ先生の本
ザ・コピーライティング」をご紹介しました。

ご紹介した、見出しの書き方・文章の書き方などの他にもどんなレイアウトやビジュアルがいいのか、文章の売り込み効果を高める20の方法などが紹介されています。

ブログに取り入れられる内容がたくさんあってすごく良かったです。

ご覧いただきましてありがとうございました!