[本紹介] 投資の神様の投資方法とは? バフェットの銘柄選択術 レビュー

こんにちは!

投資している会社が大暴落して
死にそうなひらのけんとです。

よろしくお願いいたします!

株式投資をしている!

株に興味がある!

投資で稼ぎたい!

というあなたへ、

投資の神様こと
ウォーレンバフェット先生の
投資手法が分かる本
バフェットの銘柄選択術
をご紹介します。

それではいきましょう!

バフェット先生の
投資手法が分かる

本書は投資の神様と呼ばれる
バフェット先生(以下、 先生)の
投資手法の知識が得られる本です。

先生は世界のお金持ち
ランキングトップ10に入っている
すごい人であり、尊敬します。

どんな会社に投資をすればよいのか、
見分け方、買うタイミングなどの
神の投資方法が書いてあります。

株の本は本書で2冊目ですが、
すごく有益な本でした。

何回も読み返したくなり、
繰り返すことによって先生の
思考法をモノにしたいと考えています。

会社の将来の利益を予測する
計算問題もあったりして、エクセルなどを
利用して行いました。

実際に投資をするときは本書の
計算をすれば、会社の利益を
予測することができます。

マクドナルドジレットなど、
有名な会社の名前が出てきて
興奮しました。

なるほど、マックみたいな感じの
企業に投資すればいいのかぁ

とイメージできました。

この記事では気になった内容を
3つご紹介します。

コモディティ型企業と
消費者独占型企業

コモディティ型企業
・・・他の会社と同じような商品や
サービスを作っている
差別化できない会社。

買う人は一番安いところで購入する。
(車、ガソリンなど)

消費者独占型企業
・・・ブランド価値が高く、
人がその商品がほしい時に
扱っている会社でしか購入できない。

(iPhoneを扱っているアップルや
コーラを扱っているコカ・コーラなど)

といった2つの型の企業があり、
本書では消費者独占型企業に投資せよ
という事です。

どっちの企業に投資して
儲かりそうなのは、確かに
消費者独占型企業です。

最初にアップルとコカ・コーラに
投資した時がありましたが、
お小遣い程度に稼げました。

ただ、すごく人気のある企業だと
株価がすごく上がっているので
儲かりづらいです。

消費者独占型企業の
見分け方

本書では色んな見分け方が
書いてありますが、1つご紹介します。

ROEが高いか

という1つの基準があります。

ROEとは簡単に言うと
会社の経営が上手いか下手クソ
かという事を表すものです。

R0Eが高ければ経営が上手い、
低ければ下手クソという事です。

なので高いROEをあげている
会社は消費者独占型企業の
可能性があります。

実際に高いROEの企業に投資しましたが、
株価が下がることはあるものの
儲けることができました。

あくまでも一つの基準なので、
高いROEだけで投資するのは
危険です。

本書では他にもさまざまな
消費者独占型企業の見分け方が紹介されているので、気になるあなたは
ぜひ手にとってお読みください。

安く買う

「安い時に買って、高い時に売る」

という言葉がありますが、
中々買うタイミングが分からず
実践できずにいました。

そんな時に本書に出会い、
安く買うタイミングの内容が
書いてあって助かりました。

景気が悪かったりコロナウイルスなどに
よるコロナショックなどで
株価が暴落することがあります。

そして、その暴落した時に
買うという事が書いてあります。

もちろん、消費者独占型企業で
色んな基準を満たしていればの話です。

今(2021年10月3日)、自分が
投資している企業が暴落しているので
本書の内容を実践できる
チャンスなので稼いで投資したいです。

まとめ

投資の神様こと
ウォーレンバフェット先生の
投資手法が分かる本
バフェットの銘柄選択術」を
ご紹介しました。

株を始めたら多分、先生の名前を
聞くと思います。

投資の神様の手法が学べるという
本なので株式投資をしている方には
ぜひ読んでほしいです。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!