[本紹介]健康になる食べ物と食べ方とは?

2021年2月13日

(※このページは2021年6月22日に更新されました)

こんにちは!

健康は素晴らしいと思ったひらのけんとです。

よろしくお願いします!

「食事術 最強の教科書を読んだことがない!」

「最強の食事術が知りたい!」

「体にいい食べ物、飲み物が知りたい!」

「健康になりたい!」

というあなたへ、牧田善二先生の本

「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」

をご紹介します。

それではいきましょう!

目次をご紹介

はじめに

序章
人体のメカニズムのそった最強の食事

血糖値のコントロールが最大のカギである

第1章
医学的に正しい食べ方20

ダマされる前に知っておきたい食事の新常識

第2章
病気を遠ざけ活力を取り戻す!
やせる食事術

糖質制限で心身を整える技術

第3章
24時間のパフォーマンスを最大化する食事術

朝・昼・晩の食事で本来のパワーを高める技術

第4章
見た目・気力・体力を衰(おとろ)えさせない

若さとしなやかさを取り戻す食べ方

第5章
本来の免疫機能を回復させる!
病気にならない食事術

現代人ががんを遠ざけるための食べ方

第6章
100歳まで生きる人に共通する10のルール

世界の統計データが教える長生きの秘訣

おわりに
「わかっていない」とわかることから始めよう

著者をご紹介

・牧田善二(まきた ぜんじ)先生

AGE牧田クリニック院長で糖尿病専門医、医学博士。

クリニックでは延べ20万人以上の患者を診ている。

他の本には「糖質オフのやせると作りおき」「糖尿病で死ぬ人、生きる人」

「老けたくないなら「AGE」を減らしなさい」

「人間ドックの9割は間違い」などの本がある。

感想

体にいい食べ物

ナッツはビタミン、ミネラル、食物繊維など体にいい成分あるということですごく興味を持ちました。

少し硬いので噛む回数が増えたりするのですごく健康的な食べ物だと思いました。

チョコレート(カカオ70%)を食べると健康になれるというのは驚きでした。

カカオのポリフェノールという機能が強い抗酸化作用があると分かり、早速カカオ70%のアーモンドチョコレートを購入しました。

抗酸化作用とは老化や生活習慣病を防げるという効果のある物質です。

甘いチョコでなくて苦いチョコに限っての話ですが、チョコを食べて健康になれるのはすごく嬉しいことです。

大豆についても興味深かったです。

イソフラボンと呼ばれる成分には抗酸化作用があり、AGAと呼ばれる老化や病気を促進する悪い物質下げる効果もあります。

豆腐や納豆などの大豆製品を毎日食べ続けると健康になれそうです。

1人暮らしをした時に大豆製品を食生活に取り入れます。

果物はすごく健康にいいと思いました。

中でもブルーベリーが紹介されていました。

老化を促進するAGEを減らし、視力回復効果もあるということで購入しました。

生まれて初めてブルーベリーを食べましたが、悪くない味で食べ続けられそうでした。

視力が回復するのかを楽しみながら続けたいです。

体にいい飲みもの

ブラックのコーヒーを飲むと老化防止効果がある」という事はアンチエイジングの本で読んでいましたが
「食事術 最強の教科書」でもコーヒーが体にいい飲み物として紹介されているので飲み続けます。

糖尿病を予防する効果もあるということなので素晴らしい飲み物です。

ただし、ブラックの本格コーヒー飲んだ時の話であり、砂糖の入ったコーヒーでは効果がありません。

ワインが健康にいいというのは生まれて初めて知りました。

健康とは無関係だと思っていたのでびっくりです。

赤ワインはポリフェノールをたくさん含んでおり、強い抗酸化作用があり
白ワインはミネラル成分の影響でやせる効果があるということで
ワインはそんなすごい効果があるのか
と気になりました。

さらにどちらも血糖値を下げる効果もあるのですごい飲み物です。

甘口と辛口がありますが、辛口の方が良いと書いてありました。

読み終わってから赤ワインの辛口を購入したので、週間的に飲み続けたらどんな感じになるのか楽しみです。

豆乳にもイソフラボンが含んでいて、抗酸化作用があるので牛乳を飲むよりも豆乳を飲んだほうが良いと紹介されています。

朝ご飯のお供にします。

食べる順番で太りやすいづらい体へ!

ご飯→おかず→野菜という順番で食事をしていますが「食事術 最強の教科書」では
野菜→おかず→ご飯で食べましょう」と紹介されていて、自分と逆の食べ方だったのでなんでその順番なのか?と気になりました。

すると体の消化方法を考えると野菜→おかず→ご飯が良くて、しかも血糖値の上昇を抑えられるという効果があるということです。

「なるほど、確か映画でも「野菜から食べなさい!」と言っていたな」と思いました。

試しに野菜→おかず→ご飯をやってみるとすごく満腹感がありました。

続けたいと思います。

運動は食後にしたほうが良い理由とは?

運動をしているので朝、食べる前、食後などどんな時に運動すると効率がいいのか気になっていました。

食後に運動すると血糖値が上がらなくなり、太りづらい体作りができると紹介されていました。

食後に寝たりすると、太りやすい体を作ってしまうということです。

食後に運動をすることに決めました。

まとめ

牧田善二先生の本
「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」
をご紹介しました。

健康的な食事の仕方や食べ物、飲み物が知りたかったのですごく満足でした。

かなり生活に取り入れたい食事術があって、少しずつ足していこうと思いました。

68個もの最強の食事術が書いてあるのでまさに教科書です。

ご覧いただきましてありがとうございました!