[本紹介] 常識にしばられない自由な思考法! ずるい考え方を読んだ感想

ずるい考え方の本

こんにちは!

ずるい考え方」を読んで
ラテラルシンキングに興味を持った
ひらのけんとです。

よろしくお願いいたします!

周りにあっと言わせる考え方を
したい!

発想力を鍛えたい!

独創的なアイデアを出したい!

というあなたへ、

周りに「その考え方はなかった」
と言わせる自由な思考法が学べる本
ずるい考え方」をご紹介します。

それではいきましょう!

どんな本なのか?

ずるい考え方」はラテラルシンキング
という常識にとらわれない考え方や
自由な発想ができる思考法が
学べる本です。

具体的なラテラルシンキングのメリットや
鍛え方などが書いてあり、読む方でも
トレーニングしだいで身につけることが
できる思考法です。

他にもアイデア出しに参考になりそうな
事例、読みながらラテラルシンキングを
体験できる内容もあるので
頭を良く使いながら読むことができます。

・インスタグラムでも発信しています↓

読んだ感想

ずるい考え方」を読もうと
思った理由は周りとは違う思考法を
身に着けたいと思ったからです。

ラテラルシンキング

「ずるい考え方」を読んで一番印象に
残ったのはラテラルシンキングです。

印象に残った理由はラテラルシンキング
こそが、いい意味で”ずるい考え方“を
するカギになる思考法だからです。

ラテラルシンキングを身につける
メリットとして

1 常識にとらわれずに
自由に発想できる

2 今までにないものが
生まれる

3 問題を最短ルートで
解決できる

4 お金・時間・手間が
節約できる

ずるい考え方

という4つが紹介されています。

印象に残ったメリットは1と2です。

1の常識にとらわれずに自由に発想できる
というのは、まさにボクが欲しい要素
だったの印象に残りました。

〇〇はこういう使い方しかない

△△はこうすべきだ

という感じでボクの思考が常識に
しばられているという事が
「ずるい考え方」のラテラルシンキングの
練習で分かりました。

なので思考法を練習してモノにすれば
自由な発想ができるようになって
ブログやYouTubeで活かせる日が
来るかもしれないので鍛える習慣を
取り入れようと思いました。

2の今までにないものが生まれる
ボクが欲しいメリットです。

誰も思いつかないようなアイデアを
生み出すことはどの場面でも
メチャクチャ役に立つと思ったので
印象に残りました。

2もブログやYouTubeで
すごく役に立ちそうなメリットなので
余計にラテラルシンキングを
モノにしたくなりました。

3と4も素晴らしいメリットです。

読み終わってラテラルシンキングを
完全に身につけた自分を想像しましたが、

メチャクチャ楽しいだろうな」

と思いました。

理由は周りの人に思わず「ずるい!」や
「その考え方はなかった」と
言わせる事ができるアイデアを
日常的にポンポン出せれば新しいことを
始める時にうまく行きやすくなると
思ったからです。

本を読みながら自分の
今のラテラルシンキング力を
知ることができるのも面白かったです。

ボクの場合は、

全然ラテラルシンキング力がないなぁ

と感じる結果でした。

なので常識にとらわれているのが
分かります(2回目)。

疑う力

ラテラルシンキングに必要な力が本で
3つ紹介されていますが一番印象に
残り、個人的にやりやすいなと
思ったのはすべての事を疑うという事です。

例えば、映画を見ている時に、

なんで犯人は〇人を犯したのか?

なんでそんなにパワーアップしたのか?

となんでも「なぜ?」と疑う事が
ラテラルシンキングに必要な力の1つ
という事です。

映画だけではなく、

なぜ、自動車税を払う意味が
あるのか?

なぜ、自分のブログは人気がないのか

という感じで日常の出来事について
考えることで疑う力が鍛えられます。

自分はよく「なぜ?」とよく思う人なので、
ラテラルシンキングの必要な力だと
知って意識的にすべてのことを
疑おうと思いました。

「なぜ?」の他の疑う力を鍛える言葉に
本当?」「今はね」という
ワードがあります

例えば、

映画の登場人物「私は最強だ

ボク
本当にそうか?(見ながら)」や

?「ブログなんてやめとけ無理だから

ボク「今はね

という感じの使い方が考えられます。

読書や映画鑑賞の時に疑う力を
鍛えようと思いました。

他の2つのラテラルシンキングに
必要な力も魅力的で面白かったので
興味がある方は、ぜひお読みくださいませ。

異質なものを組み合わせる

これはすぐに使えるな

と思った内容は
異質なものを組み合わせるです。

ソーセージ✖パン=ホットドッグ

ブログ✖映画=映画ブロガー

ブログ✖読書=読書ブロガー

という感じであまり関係なさそうな
モノ同士を組み合わせると
すごいアイデアが生まれるかもしれない
という事です。

いろいろなパターンを試す必要が
ありますが、面白そうだと思いました。

大ベストセラー「アイデアの作り方
という本でも紹介されている方法です。

ボクの場合はYouTube、ブログ、ラジオ
といった分野で発信していますが
イマイチ伸び悩んでいる状態なので
異質なもの組み合わせるという方法で
今まで見たことのない記事や動画の
制作アイデアが浮かぶかもしれないと
考えると楽しみです。

まとめ

周りに「その考え方はなかった」
と言わせる自由な思考法が学べる本
ずるい考え方」をご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!

追伸

電子書籍で読みましたが、
手元に置いておきたい1冊でした。