アニメ紹介

悪魔を狩る悪魔! アニメ「チェンソーマン」を見たネタバレ感想

引用元:チェンソーマン【公式】 (@CHAINSAWMAN_PR) · Twitter

こんにちは!

アニメ「チェンソーマン」を見て、
普通の生活ができている事に感謝した
ひらのけんとです。

よろしくお願いします!

もう見た!

どんなアニメなのかネタバレありで
知りたい!

見た人の感想が読みたい!

というあなたへ、

チェンソーの悪魔になる力を得た少年が
好きな女性に認められようと
がんばる様子を描いたアニメ
チェンソーマン」をネタバレありで
ご紹介します。

それではいきましょう!

予告です↓

作品情報

[作品名] チェンソーマン

[制作年] 2021年

[放送時間] 約24分

[監督] 中山竜さん

[脚本] 瀬古浩司さん

[スタッフ]

MAPPA(制作会社)、

伊藤哲平さん(撮影)、

吉武将人さん(編集)、

牛尾憲輔さん(音楽)

[原作] 藤本タツキ先生の「チェンソーマン」

[媒体] テレビ、動画配信サービス

・インスタでも発信しています↓

簡単なあらすじ紹介

主人公の少年デンジは死亡した
父親の借金を返すために普通の仕事より
稼げるデビルハンター(悪魔を狩る仕事)を
していました。

デンジはチェンソーの悪魔であるポチタ
一緒に普通の生活をするのが夢でした。

ある日、デビルハンターの仕事を
しようとするデンジですが
ゾンビの悪魔によってバラバラにされて
殺されてしまいます

しかし、ポチタの心臓を得た事によって
復活したデンジは
チェンソーの悪魔になる力を手に入れます。

ゾンビの悪魔を殺しに来た
という公安のデビルハンター・マキマ

悪魔として殺されるか、
人として私に飼われるか?

という選択肢(せんたくし)を受けたデンジは
後者を選んで公安のデビルハンターに
なるのでした。

生まれてはじめて自分に優しくしてくれた
マキマに一目惚れ(ひとめぼれ)したデンジは
彼女に認められようと仕事を
始めるのでした。

果たして、デンジはマキマに
認められる事ができるのでしょうか?

キャラクターと声優を
ご紹介

デンジ [戸谷菊之介さん]

チェンソーの悪魔になれる力を得た少年。

好きな人であるマキマに認められようと
仕事を頑張る。

ポチタ [井澤詩織さん]

チェンソーの悪魔で、デンジの相棒。

デンジの血で助ける代わりに、
デンジを助けるという契約を交わしている。

マキマ [楠木ともりさん]

公安のえらいデビルハンター。

人より鼻が利く。

部下は”犬”だと思っている。

早川アキ(はやかわ あき)
[坂田将吾さん]

デンジより3年先輩のデビルハンター。

悪魔に家族を殺されており、
復讐のためにデビルハンターになった。

パワー [ファイルーズあいさん]

元々は悪魔だった血の魔神で、
今はデビルハンター。

デンジとコンビを組んで
仕事をする事になる。

姫野(ひめの) [伊瀬茉莉也さん]

アキの相棒のデビルハンター。

幽霊(ゆうれい)の悪魔と契約しており、
右目を食べされる代わりに
幽霊の右手が使える。

荒井ヒロカズ(あらい ひろかず)
[八代拓さん]

やる気はある新人のデビルハンター。

狐(きつね)の悪魔と契約している。

東山コベ二(ひがしやま こべに)
[高橋花林さん]

風俗かデビルハンターかで、
悪魔を狩る仕事を選んだ女性。

気弱な新人。

7話まで見たネタバレ感想

アニメ「チェンソーマン」を
見ようと思った理由は、
人間がチェンソーになる
というのが面白いと思ったからです。

チェンソーになれる少年

アニメ「チェンソーマン」で面白いと
思ったのは頭と両手が
チェンソーになれる能力が使える
少年デンジです。

理由は今までチェンソーになれる
人間が出てくる作品を
見たことがなかったからです。

一番最初にチェンソーマンのポスターを
見た時に、

暴走した社会人がずっとチェンソーに
なって暴れる作品かな?

と思っていましたが、実際に見ると
予想していた作品と違っていたので
逆に面白かったです。

ずっとチェンソーの改造人間でも
なかったので、気になったらとりあえず
見てみる事が大切だと気づきました。

まず、デンジの生い立ちが
個人的には壮絶(そうぜつ)だと思いました。

理由は

  • 借金を残して父親が死亡
  • 約3000万円の借金がある
  • 右目や◯玉などの体の一部を売る

という感じの設定があるからです。

自分がデンジだったらマジで
自◯するなぁ

と思いました。

デンジの性格ですが下心まる出しの
感じがとても共感できる所があって、

自分と同じ部分があるなぁ

と気づきました。

好きな女性(マキマさん)のために
どんだけ強い悪魔が相手でも
向かっていく様子は、

物事をやる理由が大事なんだなぁ

と勉強になりました。

「キスしたい」や「胸をもむ」
という下心まる出しの目標のために
デビルハンター(悪魔を狩る人)の
仕事をしているのも色々学べました。

デンジはマキマさんがとても好きなので
最終的にどういう関係で終わるのかが
気になりました。

チェンソーマンになったデンジに
ついてですがコウモリの悪魔
ゾンビの悪魔などと戦うシーンを見て、

かなり強い悪魔で、闇落ちしたら
ラスボスになりそうだな

と思いました。

胸の黒いやつを引いてチェンソーに
変身するシーンはとても好きです。

デメリットは血を使いすぎてしまうので
長期決戦は向いてないということです。

なので、一撃必殺みたいな攻撃をしないと、
そのうちチェンソーが出なくなって
ピンチになるので今後の戦い方にも
注目したいです。

チンピラで一途(いちず)で、
たまにアホな部分があるデンジは
とても素晴らしいキャラクターです。

色んなデビルハンター

「チェンソーマン」には悪魔を狩って
街の平和を守るヒーローが出てきます。

みんな印象的ですが個人的に3人
が特に気になりました。

1人目はマキマさんです。

理由は言葉では説明できない
好きの感情があるからです。

1話の最後に出てきた時は、

ヤベェ女そう

と思っていました。

しかし、2話のデンジとのうどんの
くだりら辺からガチハマりしました。

早川アキの恩人(おんじん)、で
デンジの人生を変えるきっかけの
マキマですが、

どういう悪魔と契約していて、
どれくらい強いのか?

と気になりました。

理由はいつも座っているため、
戦闘描写が1ミリもないからです。

なので、強いのか弱いのか分かりません。

ただ、デンジや早川アキに対して
口答えするパワーがマキマに対しては、

で、できる

と、ビビっているように見えたので
相当強いデビルハンターだと考察します。

アニメ7話の時点だと、
まだまだ謎が多いので今後の
マキマさんの活躍が楽しみです。

2人目はパワーです。

気になった理由は元々は悪魔だったのに、
今は血の魔神としてデビルハンター
として活動しているからです。

「ワシ」や「〇〇じゃな」と
おじさんのようなしゃべり方なので
年齢が気になりました。

デンジをコウモリの悪魔に
食わせようとした時は、

パワー怖すぎる!

と、やっぱ悪魔なんだなと気づきました。

しかし、話数を重ねるごとにパワーの
かわいい面が出てくるのでマキマと
同じくハマりました。

性格的にデンジと似ているので
2人が相棒なのは、とてもいいコンビだと
思いました。

そのうち強い悪魔が出てきても、
デンジとパワーの連携プレーで
倒せそうな予感がします。

3人目は姫野(ひめの)です。

理由は酔うと、
とんでもないキス魔だからです。

7話での姫野のゲ◯チューは
いろんな意味でトラウマでした。

モザイクの演出があったのですが、
アニメでモザイクがあるのは、
あまり見たことがなかったので
面白い演出でした。

デビルハンターとしての実力ですが
幽霊(ゆうれい)の悪魔と
契約しているので強そうです。

実際にゴーストの右手で
悪魔をつぶすシーンがあるので、

かなりの実力者なんだなぁ

と思いました。

気楽な性格ですが、やる時はやる
キス魔のデビルハンターです。

他にもいろんなデビルハンターが
いるので面白いです。

色んな悪魔

デビルハンターと同じくらい
印象に残ったのは悪魔です。

理由はコウモリやチェンソーなどの
色んな悪魔がいて面白かったからです。

一番気になったのは銃の悪魔です。

理由はマキマいわく約5分で
120万人を◯しているという、
とんでもない悪魔だからです。

明らかにコウモリやゾンビの悪魔とは
比べ物にならない強さを持ってそうです。

早川アキの仇(かたき)でデンジの
1つの目標である銃の悪魔ですが、
早く姿を現してみんなで戦ったほしいです。

今後も色んな悪魔が出てくると思うと、
とても楽しみです。

例えば性欲の悪魔とかお金の悪魔などと
いった自分が適当に考えた悪魔ですら
出てくるかもしれません。

アニメの7話時点だと銃の悪魔が
一番強そうな感じなので、
どのくらいヤバい悪魔なのか
早く見たいです。

まとめ

チェンソーの悪魔になる力を得た少年が
好きな女性に認められようと
がんばる様子を描いたアニメ
チェンソーマン」をネタバレありで
ご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとう
ございました!

追伸

アイデアもすごいと思いました。

ABOUT ME
ひらのけんと
映画・ドラマ・アニメを見たり、本を読むのが大好きです。 高卒でトヨタに就職→1年で退職→フリーランス。 引きこもって活動しています。 よろしくお願い致します!